商標"ハローあおい"、商標区分を建材、照明、家具で登録申請

 夏頃から、『格子型ステンドグラス』の建材をテーマにいろいろ構想を練っていた。その狙いは、自社開発の主力商品に重点を置き、パターンオーダー型の受注加工販売で、多品種少量生産のメリットを活かすことにあった。

 それには、ある程度の市場規模が見込めること、人脈営業で顧客創造につなげることが可能等の条件から、集客施設向けの建材市場をターゲット(標的市場)に設定し、検討した。この商品プランの続きも、今後掲載する予定です。

 販売も、ブランド戦略を重視することにし、商標登録することにした。

そこで、群馬産業技術センター内にある群馬県発明協会のアドバイスを受けながら検討を重ねた。

 商品構想は、『平面装飾ステンドグラスパネル(MxN)型格子枠組立セット』、縁なしステンドグラスパネル製の平面装飾建材、装飾間仕切、平面装飾照明の3種類の格子枠組立セット。商品構造は同じだが、用途(業種、使用分野)が違うので、どの商標区分で、どんな商品を商標登録するか、アドバイスを受けながら、いろいろ検討した。

 その結果、下表のように、商標区分第11類の照明で、平面装飾照明(例えば、光る壁面照明)、第19類の建材で、平面装飾建材(例えば、壁、天井、柱)、第20類の家具で、装飾間仕切等を商標登録の申請をした。商標は、ハローあおい。(詳しいことは、下表をクリックすると、商標登録願(写し)を参照できます)

gun160.jpg

 今回の商標登録願は、『ハローあおい』の文字登録です。これが認められ登録完了できれば、次に下図の登録申請する予定です。

no-image.jpg

 今まで、ハローグラスをイメージする代表的な画像として、『笑顔のステンドグラス』の名前で紹介してきた。この画像は私がデザインし公開したもので、著作権者は私です。

 なので、画像は著作権で守られているるが、ハローグラスのロゴマークに使用する予定。そこで、この画像(笑顔のステンドグラス)のみを、図形商標として、商標登録する予定です。

 結論は、『ハローあおい』の文字と『笑顔のステンドグラス』の画像と両方を一緒にした画像ロゴマーク(上図)でブランド化を推進する計画です。

【追記】12月11日、特許庁より『出願(申請)番号通知』が郵送されてきた。

           出願(申請)番号は、商願2018-149171

関連記事

『ハローあおい』のブランディングを、自己レビューしてみた

商標、ブランド、ブランディング、区分、®、信頼、とは

投稿日:2018年12月03日