企業理念は、縁なしステンドグラスを企画制作、ハローあおい・ブランドで販売、笑顔の花を咲かせる経営

 素材力のある美しいステンドグラス板は、西洋文化が育んだ伝統製法で作られた独特の色合いに人気があり種類も豊富で、マーケットも古くから存続しています
 仮に、日本の伝統工芸品の和紙のように簡単にカットできれば、ステンドグラス板の用途も、和紙同様に多方面で花開いたはずです。
 しかし、現実は、加工が難しく美しい素材力を活かしきれませんでした。
 ステンドグラス板やガラス板は、鉄よりも硬くて脆くて割れ易く、デザイン通りの形に手作業でガラス切りなどを用いカットするのが難しく、加えてカットした加工面(ガラス側面が粗くて不揃いという手作業の限界と、推測します。が、向き合うガラス側面同士を半田付けで覆い隠す方法で結合した半田線の美しさが魅力の作品です。
 つまり、伝統的なステンドグラスは、半田付けが大前提で、ガラス側面は見えません!

 これに対し、ハロ₋グラスはガラス側面の美しさも見える新しいタイプの『縁なしステンドグラス』を開発し、商品概念として提案しています。
 自由なデザインで新たな可能性が生れ、ステンドグラスのさらなる美しさを追求し、皆さんがハッとして想わず笑顔になる商品開発を目指します

 この開発をベースにしたハロ₋グラスの企業理念は赤城の恵みと花情報発信し、地域貢献と共に知名度アップを図りながら縁なしステンドグラス商品を企画制作し、ハロ₋あおい・ブランドで販売し皆さんを笑顔にするビジネスのクリーンで活発な経営です。

 ちなみに、『ハロ₋グラスは縁なしステンドグラスの専業メーカーです。
これに対し、『ハロ₋あおいは縁なしステンドグラスのブランドショップ』の位置づけで、製販分離体制の組織作りを目指します。

ぐんま発・赤城山と花・癒しと感動

product5.jpg 関東平野を一望できる赤城山。そのすそ野に咲く魅せる花々は多彩で、四季折々花めぐりを兼ねたレジャーや観光で、多くの人々が素朴な自然に癒しや感動を求め、訪れる人気の憩いの地域になっています。ハロ₋あおい・ブランドの縁なしステンドグラスも創業したら、この場に仲間入り致します!
 ハロ₋グラスは、この赤城の恵みと花の癒しや感動をキーワードに情報発信しています。
これ等は、
皆さんが、『楽しい花めぐりの癒しや感動で、リフレッシュして笑顔になる』お手伝いです。
 そして、大勢の人達に、レジャーや観光で、赤城の恵みを満喫して頂きたい

皆さん、"赤城山+花花めぐり、花景色、花風景、花図案...
"で検索してみましょう! 役立つ楽しい情報、満載です!
↓ 赤城山南東花めぐり日記(ハロ₋グラスの花サイト)
akagiblog.jpg 赤城山・群馬県

縁なしステンドグラス商品概念

product61.jpg 商品の特徴は、デザイン通りの形を、滑らか仕上げで、機械部品並みの精度』で、手作業の限界を打破した、高品質のガラスピースの強み。即ち、複雑かつ精密な形状加工(どんな形でも)や均一品質の量産性効果の部品品質です。
 ここから、❶断面すら美しい❷一部ステンドグラス化❸半田付けしない❹自由なデザインで上質な商品開発の道が拓ける等のガラス側面も見える『キラッと魅せる新鮮ムードで、サプライズの雰囲気づくり』のセールスポイントが生れ、
 さらに、半田付けしない、ガラス側面の美しさも見える"縁なしステンドグラス"商品概念
に進化した。
 その特徴は、ガラス側面も見える商品。例えば、透明ガラスや壁面にステッカーのように接着施工する商品を実現。
 商品コンセプトのこだわりは、見る感動(癒し)、魅せる感動(癒し)で、笑顔で暮しに輝きを!
 非常に自由度・汎用度の高い商品を実現しました。(縁なしステンドグラスの魅力
その使用用途の一例(企画・制作予定の商品案)をご紹介します。
格子型ステンドグラス(建材・家具・照明)衝突防止マーク(建材)ェルカムボード、オーダー品商品紹介

ガラス板・特許NC加工技術

product71.jpg ハロ₋グラスは、手作業に代わる独自のガラス板NC加工法を開発、高品質のガラスピースの工業生産化を実現
 その多角形化NC加工法は、金属部品加工業のNC加工をモデルにした多品種少量生産方式で、ガラスピースも金属部品も同じNC工作機械で加工可能にした手軽な加工法。溶かさない加工法なので希少性の高い素材品質を保証。
 汎用性高くどんな形でも段取り替え不要、ガラス側面も見える滑らかな曲面美で見映えの良い製品品質を実現
 これは、
限定品販売を目指すハロ₋グラスのこだわり技術。自分で考案した特許技術「硬脆性材料板の数値制御(NC)加工方法を組込んで、ステンドグラスの型紙作成やガラスピースを工業生産化するための専用CADCAMソフトウェアシステムも、自分でソフトウェア開発からテスト加工の試行錯誤を重ね、約10年かけて一人で開発
 制作手順は、図案をパソコンに読み込み、専用CAD(型紙作成ソフト)で型紙を作り形状データ化し、専用CAMソフトでNCプログラム化します。このプログラムをNC工作機械に読み込むことで、その通りの形に加工ができます。
ガラス板NC加工

ハローあおい・ブランドショップ(商標登録)

no-image-egao1.jpg 現役の頃は、千葉県市川市に住み、市川大門通りを歩きJR市川駅から東京に通う市川都民で、市川大門通りにある家庭割烹・あおいで、仕事の疲れを癒す生活だった。(このエピソードが、ビジネスプランのルーツです!)
 このお店の女主人は、明るい笑顔の接客術でまたたく間に繁盛店に育てることに成功したが、癌に倒れ40代半ばで逝き、お店も蝕まれて無残に消えた。ルールモラルに反する理不尽な有様に、店を継がずに自分の道を歩んでいる負い目を噛み締めながらチャレンジ中なのが、このビジネスプランです!
 なので、傍らで見ていた強い創業の志と魅せる笑顔の接客術を生きた証とし、その志と笑顔の継承を考えていたが、あおいの店名を継承し、ハロ₋あおいブランド縁なしステンドグラスで、笑顔の花を咲かせるプランに!
 ハローあおい商標登録も終えてブランドショップ名(コンセプトは皆さんの笑顔)計画で創業準備中。
 つまり、特許加工法で生産した縁なしステンドグラスをハローあおいのブランドショップで販売するビジネスモデル。
 尚、創業は、焦らずじっくりと検討を重ね、無私の精神で必ず実現します。(詳細は、創業の道標を参照して下さい)

 上の画像は、ハローあおい笑顔のロゴマークです。ハロ₋あおいのネーミングと共に縁なしステンドグラス製の笑顔のシンボルマークです。
単なる描いた図案ではありません。特許加工法で制作した縁なしステンドグラスの写真をモチーフにしたユニークな笑顔のロゴマークです。
 また、この笑顔のロゴマークは、花や縁なしステンドグラスの癒しや感動で笑顔になり幸せを感じるイメージ(こだわり)を意図したものです。
ここには、周囲を幸せにすること。皆さんが喜んで笑顔になることがハローあおいの喜びでもあり、ハロ₋あおいの成長にもなる、との思いがあります。

皆さんにも共感して頂ける様に、心を込めてハローあおいのこだわりを、お伝え続け致しますので、よろしくお願い致します。

自分で作って自分で売る経営方針、ネットショップの直売方式
商標"ハローあおい"、商標区分を建材、照明、家具で登録申