ターゲット顧客は、三層の顧客層と集客施設のお客様

 ターゲット顧客層は、集客施設の経営者や管理者で、富裕層やニューリッチ層を中心にした社会のリーダー層。
 しかし、個人で所有する従来の趣味等の目的と異なり、集客目的であること。ここが大きな違いです。
 集客目的ですから、主役はお客様。
 お客様は、雰囲気を楽しむことで、幸せを感じ、リフレッシュして元気になりたいニーズを持っています。そして時折、お気に入りのレジャーや娯楽等の憩いの場を、訪れます。信頼や共感の喜びを感じているからです。
この好循環で、集客施設も増収増益となり、双方が満足するわけです。
 そのために、下記のことを注意する必要があります。。
①、どんな雰囲気づくりにするか、お客様のニーズに合わせること。
 集客施設を利用するお客様の顧客メリットに合わせることです。経営者の趣味では、決してありません。
②、縁なしステンドグラスの特徴を活かすことです。
 想わずハッとして笑顔になる様な、縁なしステンドグラス特有の珍しさや新鮮さのある雰囲気づくりで、サプライズな演出です。
③、双方のこだわりが一致し、共感が生れる様なデザインの雰囲気づくりであること。
 お客様の琴線にふれるような、共感を誘発する商品です。

 ターゲット顧客層は三層の顧客層(三層の顧客ピラミッド)

富裕層(年収3000万 円以上の人達で、人口の約 1.2%を占め全国に150 万人) その多くの人が事業経営して おり、集客したい、ニーズを 持っている。
ニューリッチ層(年収10 00万円以上の600万世 帯) 趣味を活かしたライフスタ イルを持つ地域社会活動のリーダーで行動派の女性。部屋や住まいを飾りたい、ニーズを 持っている。 専門職で働く20~30代の女性(全国に約600万人)趣味で 装いや部屋を飾りたいニーズを持っている。
 以上のターゲット顧客は、購入に携わり所有する視点の人達(直接的なターゲット顧客層)です。
 これ等のターゲット顧客層は、イノベーター理論(普及率)のイノベーター層(2.5%・300 万人)及びアーリーアダプタ層(13.5%・1600万人)に重なる部分が多い、と推 測します。
 特色として、珍しがり屋・新しがり屋や自慢したい等、積極的で上昇志向が強く、珍し いモノ・新しいモノを探し出すと誰よりも早く手に入れ、人に見せ自慢したい等のニーズ がある。
 ターゲット顧客層は、何となく現状に物足りず、珍しいモノ・新しいモノを探し求める生 活に余裕のある人達や集客したい経営者です。 装いや部屋、住まい、店舗やレジャー施設、宿泊施設、福祉・公共施設等を飾り、癒しや 感動を自ら享受したり、集客に利用したいニーズがある。

 以上とは別な視点で、
④所有せずに楽しみたいニーズを持つ間接的なターゲット顧客層の存在があります。
 それが、集客施設のお客様です。
全ての消費者が対象になり、大きな潜在顧客層を形成しているわけです。
 ハローグラスは、ここにスポットを当て、顧客創造する戦略です。

gun130.jpg

 

投稿日:2020年02月07日