伝える方法。ネット広報(ウェブメディア)とマスメディア

 ネット広報とかネットPRとか、あまり聞きなれない言葉だったが、調べて見ると既に行っているインターネットを活用した伝える方法だった。
 自社サイトにSEO対策を施すことにより、顧客のウェブ検索で検索上位表示され、選ばれて自社サイトへ誘引する方法のことだった。誘引することで、自社を知ってもらい認知してもらうことが出来る。
 また、ウェブ検索で重要なのが、検索キーワードであり、SEO対策の要になる。

 広報のあり方は、インターネットの普及によって大きく変化した。
自社の情報を顧客に伝えるためには、マスメディアとの連携だけでは、不十分です。
 インターネット全盛の現代では、ウェブ上での情報発信が不可欠です。

 従来の広報は、プレスリリースや記者発表によって、いかにテレビや新聞、雑誌などのマスメディアに取り上げられるかというメディアリレーションが中心だった。
 しかし、テレビや新聞よりもWebで情報収集をする人達が増えた結果、マスメディアとの連携だけでは伝えたい情報が届きにくくなっています。
 そのため、インターネットを使った「ネット広報」の視点が、大切です。

 ネット広報の場として、自社サイト、ブログ、中でもソーシャルメディア(SNS)が果たす役割はとくに重要です。
 それは、一方的な情報発信ツールが多い中、ソーシャルメディアではユーザーとの相互コミュニケーションが可能だからです。広報の本質である「顧客とのよい関係」を構築可能だからです。信頼や共感が生れ易いツールのわけです。

 広報のあり方は、インターネットの普及によって大きく変化した。自社の情報を世の中に届けるためには、マスメディアとの連携だけでは、もう、不十分です。

 以上のことを落とし込んだハロ₋グラスの顧客に伝える方法を図化してみた。

gun511.jpg

マスメディアによる伝える方法について。
 下記のような外部イベントに積極的に参加すると共に、プレスリリースやマスコミ取材でテレビや新聞に報道してもらう。この販売促進効果は大きい。しかし、採否は相手にあるので、頻繁に活用できるわけではなく、節目節目になるだろう。
 ・展示会や交流会
 ・ビジネスマッチング
 ・コンテスト

ネット広報(ウェブメディアによる伝える方法)
 SEO対策を施したハロ₋グラスサイトが、顧客の検索上位表示になる様に仕組んで、自社サイトに誘引し、伝える方法です。
ポイントは、検索キーワード。この方法は、日常の自助努力で可能なので、長期戦略を安定させるためにも必須であり魅力ある方法。
 例えば、赤城の恵みと花の癒しや感動をキーワードに情報発信しているハロ₋グラスの花サイト(赤城山花めぐり日記の検索順位)について。
① "赤城山 花"の検索キーで、検索上位表示の1ページ目に入ること!
② "赤城山 花めぐり"検索キーで、検索上位表示のトップになること!
③ "赤城山+花景色や花風景"の検索キーで、検索上位表示のトップになること!
④ "赤城山 "+花の名前の検索キーで、検索上位表示の1ページ目に入ること!
Google検索では、ほぼ達成しているので、今後もSEO対応で維持したい!
 ターゲットの市場規模(検索ウェブページ数)は、(令和元年8月)
❶ 赤城山は、1500万件、
❷ 赤城山 花は、1000万件、ここで、1ページ目(10位以内)
❸ 赤城山 花めぐりは、500~600万件、ここで、1位
 ちなみに、群馬県の人口は、およそ200万人です。
 この例は、自社サイトに、赤城山、花、花めぐり、等のSEO対策を施したネット広報活動の結果です。
創業したら、同様な手法で商品の検索上位表示を実現し、自社サイトに誘引し、知名度UPと販売促進を図りたい。

投稿日:2020年02月06日