ガラスピース工業生産化で、ステンドグラス加工品メーカー
独自の多品種少量生産方法で、金属部品加工業と連携

ハローグラス
ガラス工芸・ステンドグラス

   ガラスピースの工業生産化 



手作りに代わって、

 私達は、ステンドグラス板をNC加工した高品質のステンドグラス・ピースを部品に用いた オリジナル製品を製造・販売する直売型ステンドグラス加工品メーカーです。
 しかし、ステンドグラス板は、硬くて脆い材質で金属と同じ方法では加工が難しかった。
 この難問を解決したのが、私達の オンリーワン技術「多角形化NC加工法」で、 汎用NC工作機械でステンドグラス板をNC加工する手軽な加工法です。
ステンドグラス板の自由形状加工が、金属部品加工業のNC工作機械で可能になった、ということです。
 これにより工業生産化を可能にし、機械化メリット(量産効果、安定した品質・価格・納期等)を享受できる。
 また、高品質ステンドグラス・ピース
の強みで、 接着で加工面(切断面)の美しさが見える商品作りを目指している。

次に、具体的な工業生産化の方法をまとめてみた。


@ 地場産業である金属部品加工業と連携し、
    生産設備や生産技術を、そのまま生かす。


生産設備や生産技術は、自動車・電機・機械等の金属部品加工業のNC工作機械 (マシニングやNCフライス盤等)で、充分賄うことができる。
そこで、共生精神で連携すると、私達のメリットは、初期投資や教育がほんの少しで済む。
また、金属部品加工業のメリットは、脱下請け、経営多角化、稼働率UP、モチベーションUP等がある。

伊勢崎市周辺は、これらの金属部品加工業が地場産業を形成している。

     NC工作機械

A 独自のフレキシブルな多品種少量生産システムです。

 通常、多品種少量生産の場合、治具交換等の段取替えが発生しロスが生じる。しかし、本加工法は
段取り替え不要の万能治具による加工法です。
ステンドグラス・ピースの形状に対応するNCプログラムを指定するだけで、どんな形でも段取替え不要で、効率良くステンドグラス・ピースの加工ができます。
無論、異なる商品のステンドグラス・ピースでも、段取り替え不要で加工できます。
また、加工原点等も、治具と取付板(素材を取付けた)で自動的に決まります。

限定品の生産を目指した独自の個別生産・多品種少量生産方法で、私達のこだわりです。


B オンリーワン技術の詳細は「多角形化NC加工法・長所」を参照すること。

加工工程(オンリーワン技術)の概要は、
CADでデザイン図をトレースして型紙を作り、CAMでNCプログラムを生成し、NC加工でステンドグラス・ピースを製作し、 接着して製品を作るシステムです。
このためステンドグラス専用CAD・CAMソフトウエアを自社開発し、独自の多品種少量生産システムも開発した。
金属部品加工業のNC加工をモデルにした生産方法で、
@ガラスピースも金属部品も、同じ設備で生産できる手軽な多品種少量生産方法。
A手作りに代わり工業生産化で機械化メリットが生まれる。

接着ステンドグラスは、
鮮やか、輝き、彩り、
加工面が映すシルエット、
スッキリ感、クリア感が
魅力で、

自社特許を組込んだ
ステンドグラス専用
CAD・CAMと透明接着で
生産する限定商品です。

接着ステンドグラス 大賀蓮

半田付けによる手作り品の魅力は、”加工面を覆う美しさ"にあるが、 半田付けが輪郭を区分ける美しさと同時に手作り品質の加工面の粗さを隠す役割も兼ねている。
これに比べ、接着で"加工面が見える美しさ"の当社は、 パソコンやNC機械を活用した工業生産化で、高品質のガラスピースの多品種少量生産になる。 この加工法で生まれた新しい価値で、
潜在ニーズを発掘する。
前者を"作家の手作りによる一品仕様の芸術品"志向とすると、当社は"嗜好品的な工芸品で多品種少量生産の限定品"志向と棲み分ける。

接着ステンドグラス 花菖蒲
© haro-glass 無断転用はお断り致します。