創業プラン実現支援塾プレゼン発表会と展示交流会【2月1日】

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨年、夏から群馬県主催で始まった創業プラン実現支援塾も、大詰めを迎え残るスケジュールは、土曜日21日のプレゼン発表練習会と本番2月1日のプレゼン発表会とになった。

 塾仲間の10人が各自のビジネスプランを発表する場になる。

 ハローグラスでは、『楽しい・面白いステンドグラス加工品で、癒しや感動の感性ビジネス』を目標にしている。

 このミッションを、達成する仕組みであるビジネスモデルの強みの部分を、今回プレゼンすることにした。

gpb1.jpg

下図の通りだが、より簡略化して『ガラス側面の美しいステンドグラスの加工品の企画・製造し・販売』になった。今回は『半田付けしない』を省略した。

 プレゼンでは、ハローグラスの強みを5つのキーワードで紹介することにした。

① 半田付けしないこと。

② ガラス側面の美しさが見えること。(高品質のガラスピースのガラス側面、つまり輪郭の加工側面)

③ 企画・製造・ネットショップで限定品販売すること。

・自分で作って自分で売る、一貫した事業システムであること。

・限定品とは、生産者限定、生産数量限定、自店だけの販売店限定であること。(他店では売っていない真似の難しい商品を少数だけ生産し、自店だけで販売する。)

 販売に於ける差別化を、真似されない商品に置いている。これが出来れば、ブランド化などにもつながっていくはず・・・。真似されるとコモデティ化し、価格競争にさらされてしまうことになる。

④独自のNC加工法の開発

 特許権と特許加工法を組み込んだ専用CAD・CAMシステムは私が開発し私だけが利用できる。これが、差別化の原点になる独自技術。

⑤高品質のガラスピース

・今の所、私だけが生産でき、これがガラス側面の美しい長所を持っている。なので、ガラス側面を見せることで差別化し、半田付けしないことを経営戦略の第一にした。

b1610.jpg

ところで、場所は、群馬産業技術センター。詳細は、下記チラシを参照してください。

 その案内チラシを主催者の群馬県が作成し、招待状を添えて郵送して頂いた。無論招待名簿はメンバー各自も提出している。他にも県の持つネットワークの招待者にも郵送している。こうして、県の力で、PRして頂いている。

 また、展示交流会も行われる。

 私は、今回、群馬県地図の接着ステンドグラス(90cmX90cm)とその加工プロセス(区分けトレース、ピース分割、加工シュミレーション、NCプログラム、等々)、及び型紙の資料を展示する予定です。

 実物は、割れやすく、重くて持ち運びが大変ですが、今回頑張って出品します。是非、NC機械加工で製作したものを見て頂き、ご意見を伺えればありがたいです。

 他のメンバーも、それぞれ工夫して出店します。

 ご来場を、お待ちしております。

 ときに、ハローグラスでは、花図案に始まるステンドグラス加工品の美のおもてなしで、癒しや感動サービスを提供し、楽しくて心健やかな生活を応援する感性ビジネスを考えている。

zu153.jpg

ハローグラス・トップページへ 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mt.haro-glass.com/mt-tb.cgi/2799

コメントする

 

ハローグラス ホームぺージ

 

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
たそがれ広湧 似顔絵


癒しマークの商品プラン
癒しマークの商品プラン

 

オリジナル商品企画・PDF

 

加工ガラスのものづくり・PDF

 

月別 アーカイブ

ウェブページ

お遊びジグソーパズル
Powered by Movable Type 4.23-ja

< HP メニュー >

リ ン ク 集

 

最近のトラックバック