新サイトの公開は、6月25日(月)に延期することに、決定しました。

 このスケジュールは余裕があり、確実と思います。

 実は、5月末を目指してハードスケジュールを消化していましたが、連日の深夜作業で勘違いしてAランクの記事を70件程削除してしまいました。

 この復旧作業で、1週間費やしてしまい5月の公開を断念しました。

 その後、外注先と協議の結果、6月25日に決定した次第です。

 現在、花の写真サイト『赤城山南東花めぐり日記』は、出来上がっておりますが、ステンドグラスサイト『ハローグラス』が未完成です。(掲載している赤城山の画像が花の写真サイトの看板画像です。)

 ドメインの関係上、同時公開になりますので、申し訳ありませんが、6月25日迄、お待ちください。

 先ずは、公開日決定のお知らせです。よろしくお願い致します。

 新サイトで、お会いできるのを楽しみにしております。

 

akagi-kanbann1bb.jpg

  前回の記事でもふれたサイトのリニューアルについて、遅くなりましたがお知らせします。

 現ハローグラス・サイトは、10年前の2008年の年末に公開したものです。当時の規約に沿ってタグ打ちで作成したものです。以降、規約の改訂で、表示ズレ等が発生するようになりましたが、未対応のまま経過し、さらにスマホ対応もなく、レスポンシブデザインの対応等が不可欠の判断に至りました。

 しかし、これだけならばサイト構築技術の問題として、MT(MovableType)のCMSを活用したフルMT構築(スマホ対応、レスポンシブデザイン、html5+css3の最新仕様)の対応で解決しますが、他にも大きな課題が残っていました。

 それが、サイトの目的で、ビジネスプランを伝える場、として捉えています。そこで販路開拓を重視したビジネスプランの完成度を高めるブラッシュアップに努力しました。

 ビジネスプランが、おぼろのままではサイト目的もピンボケになる、と判断した結果です。

 サイトの質は、ビジネスプランと同様に皆さんに役立つ喜ばれる情報、とりわけ独創性にあると考えます。取りも直さず独自性の高いビジネスプランを具現化したもの、と考えます。

 ですからビジネスプランの完成を待って、それを取り込んだサイトづくりになった次第です。

 最近受講した"超売上アップ塾"セミナーも同様な考えで広告型名刺をデザインしました。これもビジネスプランを具現化した販路開拓を重視した名刺です。

 

 以上の前置きを踏まえ、サイトの再構築を目指した次第です。結論として、10年近く公開した旧サイトを、ビジネスプランに合わせて2つの新サイトに分割することにしました。

 その概要を下図で説明致します。

MT6sitehenkan.jpg

 

ハローグラスの新サイトは、旧サイトをステンドグラス・ビジネスと花の写真(ジグソーパズル)に分割し、2つのサイトになります。 これは旧サイトで長年の間に複雑になってしまったサイト目的をスッキリさせ明確にするためです。

 前者のステンドグラス・ビジネスサイトでは、ガラス板のNC加工法(多品種少量生産によるガラスピースの工業生産化)をシーズにした独自技術の紹介や商品化に取り組む姿勢、販路開拓しながら創業を目指すサイトになります。新サイト名は"ハローグラス"、旧サイトのハローグラスのドメイン(haro-glass.com)を引き継ぎます。

 後者の花の写真(ジグソーパズル)サイトは、赤城山南東方面の花巡りブログです。また、馴染みの花のジグソーパズルは、3分間で気分転換やストレス発散できます。いわば、私の趣味からスタートしたものです。旧サイトでは、この割合が大きくなりステンドグラスをしのぎ複雑化してしまいました。

 その新サイト名は『赤城山南東花巡り・ハローグラス日誌』、新たなサブドメイン(hana.haro-glass.com)でスタートします。花の写真ブログとジグソーパズルブログで構成します。 

  無論、両サイトは、密接な関係があります。

 25年前、"花の写真からステンドグラスを作る"といったシンプルなアイデアからスタートしました。

 私達は、"花やステンドグラスの見る感動・魅せる感動で、喜びや心地良さが体感できる"という感動力をテーマに、癒しや感動ステンドグラスの商品コンセプトに据えている点です。

 そのために撮り貯めた花の写真は、デザインのモチーフにもなる大切な素材集、と位置付けしています。


 以上、取り留めもなく書きましたが、これが旧サイトをリニューアルした理由です。


 最後になりましたが、新サイトの公開は、月末の5月末。遅くとも6月中旬を考えております。

決定しましたら、記事投稿で報告致します。

 多分、次回は、新サイトの投稿記事でお会いすることになりそうな気がします。

 もし、新サイトのトップページに入りましたら、"お知らせ"を参照して下さい。ここで、新サイトの案内をするつもりです。 

ハローグラス・トップページへ

 今年になってから、ず~っとサイトのリニューアルに没頭し、写真撮影などの気持ちの余裕もなく、一心にサイトの移行作業に取り組んできた。

 特に2月からの作業は、ブログ記事2000件やジグソーパズル等の移植で、単純作業とはいえ時間との闘いだった。と言うのも、この記事を2つのサイトに分割する前段として、双方に移植後サイト目的に照らして整理する方法を採用したので、作業記事数が倍の4000件になり、加えてジグソーパズル1700件が加わり、ざっくり6000件の作業量に膨らんだ。

 当初の計画では、サムネイル登録など移行時に自動的に対応できる、と判断していたが実際は対応出来なかった。

 なので、これ等は全て手作業になり、これだけでも300時間以上の作業量が追加した。が、考え込むより実行、と昼夜逆転した生活が続き、どうにか峠を越えた。

 途中、新規サイトで公開ならば不要となる大変な労力に、移植する価値を疑問視さえするほど落込んだが、コンテンツSEOを実践するため、と迷わずに割り切った。

 サイトの価値は、コンテンツの質と量。少なくとも量は移植でカバーしたい。

 そんな中でも、どうしても撮りたい菜の花と赤城山のシーンが頭から離れなかった。鹿田山フットパスでの風景だった。

 これだけは撮りたい、と思いながら、先ず赤城山が見える日を待っていたのだ。この時期になると、決まって空がかすんで見えなくなってしまう。暖かくなり穏やかな日などは、先ず見えなくなる。

 見える日は、前夜の雨上りに加え強風の吹く快晴の日にチャンスが訪れることが多いので、それを待つことにしていた。

 4月26日、雨に洗われた快晴で強風の吹く中を撮りに行く。確かに赤城山は見えているが、果たして菜の花の咲き具合は?

 到着してホッとした。未だ、青味がかった7~8分咲きで、想定に近いシーンだった。思わず口元が緩んで笑顔になることがわかった。

 後は、ヘタな文章より、写真が語ってくれるはず。深呼吸してから、パチリ。

  nanohana72.jpg

 

菜の花越しの春の装いの赤城山をパチリ。

 

nanohana73.jpg

目を北西方向に転ずると、榛名山。さらに西には浅間山がミニ富士山のように霞んで見えた。これにも満足した。 

nanohana74.jpg

 

カメラを引いて、赤城山と榛名山を菜の花畑を前景に置いて空っ風の吹き降ろし口(谷川岳方面)をパチリ。久しぶりの写真撮影に気分も高揚していた。 

nanohana75.jpg

 

 赤城山南麓の里山風景を撮り込んで、パチリ。

帰りの道すがら満足したのも束の間、満開の時に再度撮りたいと心が弾んだが、現実のサイト移植が待っているのに気が付いた。

 束の間の楽しさを体感し、連休中も移植作業に頑張るぞ、とリフレッシュして爽やかな気分になっていた。

ハローグラス・トップページへ

 今、群馬県商工会連合会主催の"超売上アップ塾2018"という過激なネーミングのセミナーを受講している。

 4週連続、日曜日の午前10~午後4時迄。講師は綿貫有二氏で、毎年度末に開催されるのが恒例になりつつあるレベルの高い人気セミナーです。

 綿貫先生の講義は2009年以来毎年受講している。座学よりも実践重視なので役立つが、同時に営業未経験の私に於いて自分に落とし込めず、まとまらない部分が常にあって、しっくりしないこともあった。ビジネスプランの販売に関連することだが、とりわけ接客嫌いで現場を知らない私の詰めの甘さに起因している。座学ならばスルーで終りにし、出来れば販売にタッチしたくないのが本音だが、それでは創業が難しい、と今以て複雑な気持ちが残っている。で、ネットショップ販売を主体にした逃げの側面も少しある。

 今のところ今回は、テーマに沿って、しっかりと落とし込むことが出来ている。

 その理由に、ホームページの再構築作業で、外注先のWEB担当者と共有しながら出来上がったお客様目線の表現で書いた" ハローグラスの特徴、製作の流れ、商品紹介など"にあった。

 私が書いた硬い技術屋ぽい一本調子の表現が、見事にツボを得た解りやすい表現に推敲される過程を通して、こんなに言い方が変わるのか、と目からウロコの表現に納得しつつ驚いた。

 そのお客様目線の文章を用いて、今回のセミナーに臨んだわけだが、今のところ上手く行っている。

 ときに、名刺を広告として活用するテーマで、自分の名刺をデザインする演習になり、広告型名刺のフォーマットに沿ってデザインした私の名刺を掲載した。  zu161.jpg 

先ず、最上段に、キャッチコピーの"未来のステッカー・接着ステンドグラス"を大きく入れた。次いで、ハローグラスの特徴(強み)を、サブキャッチとして下記の様に枠内に納めた。この表現をホームページの見出しと同じにすることで難なく完成し、ホームページと一体化させることもできた。

  複雑な形状加工で、デザインの幅が広がります。

  断面を魅せる新しいステンドグラス

  均一の量産加工

  【ハローグラスだけの独自NC加工技術】

以上で、新しいタイプのステンドグラスを訴求し、ホームページ参照へと誘導する・・・、流れを作った。

 後は、肩書や名前、会社名、連絡先など。以上が名刺の表。

裏のデザインは、広告に活用することで、お客様の反応を促す狙いを下記の様に作り込んでみた。

zu162.jpg

 最初に、"ハローグラスでは、ステンドグラスの見る感動、魅せる感動で、あなたの暮らしに光彩の輝きを提供します"とミッションを入れた。

 次いで、ハローグラスの特徴(強み)の根拠となる独自技術の説明(取っ掛かり)を、

  "特許・多角形化NC加工法を開発し、それを組み込んだ独自のCAD・CAMソフトウェアを自社開発しています。"と入れた。

 多角形化NC加工法とは、私が名付けたNC加工法名で、特許・硬脆性材料板の数値制御(NC)加工法のことです。

 その下に、"趣味で、赤城山南面・南麓に咲く花の写真をブログで、約7000枚、花のジグソーパズルを約1800枚、公開しています。"と、入れた。

 25年前のビジネスプランでは、"花の写真からステンドグラスを作る"といった具体的かつシンプルなプランだった。

 つまり、花の写真をパソコンに読み込んで、CADで型紙を作り形状データ化し、CAMでNCプログラム化し、NC加工するシステムだった。

 それが、いろいろあって今の姿に進化したわけです。

 最後に、商品紹介の利用シーン・用途の取っ掛りを入れホームページにつなげたい、と。

・ウェルカムボード・贈り物・・・

・住まいに彩りを添える・・・

・お店や施設の看板に・・・

・施設の壁やガラスの装飾に・・・

・装いを飾る・・・

など、これもホームページの商品紹介の見出しと同じにした。

とは言え、ホームページは、現在再構築中で春先から部分的に公開し始め、完成は初秋のスケジュールになっている。

 トップページなどのひな形は、既にできており、MT(MovableType)のCMSをフル活用した贅沢な仕様のホームページで、内容も独自性を盛り込んだサイト作りを目指している。

 名刺からホームページへ誘導する販売促進を目的に、ホームページと連動した名刺づくりを試みたわけです。

ときに、ハローグラスでは、花図案に始まるステンドグラス加工品の美のおもてなしで、癒しや感動サービスを提供し、楽しくて心健やかな生活を応援する感性ビジネスを考えている。

ハローグラス・トップページへ

 

 大寒波がやってきて週明け月曜の午後から大雪になり10cm程積もった。その雪景色を家に籠って眺めながら、ホームページ再構築用の原稿を推敲していた。外注先のWEB担当者と共有しながらの原稿作りなのだが、相手の的確でわかり易い表現に比べると、私はお客様の想定もおぼろなまま書いた中途半端な表現だった。

 まだまだ技術に偏った表現の気もしたし、お客様の観察不足、理解不足で、お客様目線に成り切っていないと感じ推敲も進まない・・・、と言うのも利用シーンがうまく表現できない・・・で、推敲も進まない。

 比べ、WEB担当者は、お客様をその気にさせる表現で、セールストーク気味な気もするが、明らかに、売ることを考えた表現だった。ここは、売るために言い切るべきだろう、と納得した。

 ともあれ、ホームページ訪問者に対し、お客様のように接しているのだ。

 朝の気温がー5℃近くまで下がり、日中ですら2℃という数年、いや10数年ぶりの寒波が続いている木曜(25日)群馬産業技術センターで、"お金を掛けずに宣伝する方法"というセミナーを受講した。

 つまり、プレスリリースの作成方法で、サブタイトルに"広告費ゼロ、マスコミからドンドン取材に来るプレスリリース作成講座"とある。

 このプレスリリースの書き方を聞いて、悩んでいた原稿つくりのヒントを得た。内容については、盛り沢山なので、復習しながら活かして行きたい。率直なところ、今の私にはプレスリリースと言うより、お客様目線で表現するセミナーのように脳ミソに響いた。

zu160.jpg

ついでに、同じ建物内にある知財総合支援窓口で、特許公報をPDF化しダウンロードする方法を相談した。私の特許公報をダウンロードし、ハローグラスのサイト内で参照できるようにしたかったわけです。

 何故なら、特許データベースの検索は馴染みが薄く億劫になりがちで、私も帰宅後教わった様に操作したつもりだったが、ダウンロードするまでに1時間程、試行錯誤した。

 その際、頂いた"特許情報プラットフォームガイドブック"の表紙に、"特許公報 PDF"及び"特許名"硬脆性材料板の数値制御加工法"を書き加えたバナー画像を作り、ダウンロードした特許公報・PDFへバナーリンクを張った。

 これで、バナー画像をクリックすると、私の特許公報を参照できるようになった。これも、新サイトを充実する準備の一貫です。

 ところで、特許公報とは、どんなものか、見たことありますか?

内容は、ともあれ一度、クリックして、特許公報を参照して頂ける、とありがたい。

 ちなみに、この特許加工法を組み込んだCAD・CAM・NC加工システムを開発し、高品質のガラスピースの工業生産化を実現し、"縁なしステンドグラス"の商品概念を提案し、現在販路開拓しながら創業準備中です。

 ときに、ハローグラスでは、花図案に始まるステンドグラス加工品の美のおもてなしで、癒しや感動サービスを提供し、楽しくて心健やかな生活を応援する感性ビジネスを考えている。

ハローグラス・トップページへ

 私の開発した独自技術、ステンドグラス専用CAD・CAM・NC加工法で生産した高品質のガラスピースを用いた商品(縁なしステンドグラス)が、どのようにしてお客様に役立つのか、商品の持つ効用というか、顧客メリット(お客様のメリット、ベネフィット、便益、利益)をまとめてみた。

 マーケティングで言う商品開発は、お客様の不安や悩み、希望や欲求から顧客ニーズを探し、それに応える商品を開発する、マーケットイン方式が多い。

 しかし、私は逆で、"デザイン通りの形を、滑らか仕上げで、機械部品並みの精度"という高品質のガラスピースの工業生産化を目指した技術開発からスタートし、そこから生れた"ガラス側面の美しさも見える商品づくりに至った。

 なので、どんな商品概念になるのか、特に商品構造の様々な広がりが暗中模索でおぼろげな状態が長く続いた。

 "技術ありきで、ニーズ不在・・・、売れない商品"、時には"社会に不要な商品"の評価も一部のコンサルタントから指摘されたこともあった。

 まさに、マーケットインと真逆なプロダクトアウト方式の商品開発の品質優先・機能優先の罠に落ち込んだような気分に襲われたことも度々あった。顧客の姿がかすんで、はっきりと見えていなかったのだ。

 しかし、私の信念は、"デザイン通りのガラスピースを喜ぶ人が必ずいるはず"、という単純なもので、"珍しさを感じさせる新しい価値に対する新鮮なニーズは必ずあるはずだ"と、常々確信していた。無くても困らいだけの理由で、問題意識がないのと違い、あったら素晴らしい、と想いが膨らむ人達が現れるはずだ、と。

 ガラス板も和紙のように、簡単に想い通りにカット出来れ(切れれ)ば、必ず新しい用途が花開いたはずだ、と。

 現実は、アクリル品や樹脂などの代用品が市場を占有しているが、必ず独特の色合いを持つ本物素材に、目の肥えたお客様は気付くはず。そして、ステンドグラス板をカットした希少性の高い商品に興味を抱く様になるだろう。無くても困らなかったものから、あると素晴らしい商品イメージに目覚め進化していくプロセスで、やがて新商品は成長する、と考えている。

 話は戻り、プロダクトアウト方式の"縁なしステンドグラス"の強みから生まれたセールスポイントを活かした商品化でまとめたものが、"楽しい、面白い縁なしステンドグラスの顧客メリット"です。

 PDFを作成し、バナーリンクを張って参照できるようにした。下図のバナー画像をクリックし、参照して頂けると、ありがたい。

 その冒頭部分を紹介すると。

楽しい・面白い縁なしステンドグラスのある生活で、

あなたの暮らしに、輝きが生れ心健やかになります。

具体的には、"心地良いスッキリ感・クリア感の癒し

わくわくするキラキラ感の感動"で、

共感したあなたはリフレッシュし元気になり、

生活に輝きが生まれ、あなたの心が輝きます

この癒しや感動が、お客様のメリット、

つまり、"顧客メリット"です

例えば、"ほっとするような安らぎ"や"ふっとするような和み"で、

笑顔になる癒し・くつろぎです。

また、"あっ、きらきら"、"わぁ~きれい"と驚きや喜び・楽しさで、笑顔になるわくわくどきどきの感動です。

私達は、

この癒しや感動を、商品コンセプトの中心に置いています。

お客様が、

"楽しい・面白い縁なしステンドグラス"と、喜んで頂けるような

"華やかさ・神々しさ・神秘的な美しさが映える

上質なスッキリ感・クリア感・キラキラ感が生み出す癒しや感動"

です。

これを、お客様の思いこだわりに寄り添いながら

お客様目線でデザインし、商品化します。

 

商品の特徴は、半田付けしない

表も裏もガラス側面も全て見える華やかさ。

光を浴びてキラキラ輝く神々しさ。

光の加減や見る角度で変化する神秘的な美しさ。

これ等の場面が映える上質なスッキリ感・クリア感・キラキラ感

癒しや感動です。

 

私達のミッションは、これ等の

"縁なしステンドグラスで、あなたの暮らしに輝きを!"を

提供することです。

  続きは、PDFを参照してください。 

hk151.jpg

ときに、
ハローグラスでは、花図案に始まるステンドグラス加工品の美のおもてなしで、癒しや感動サービスを提供し、楽しくて心健やかな生活を応援する感性ビジネスを考えている。

ハローグラス・トップページへ

 

 10年以上も前母の介護の合間、気分転換に盆栽に凝ってろうや柿の盆栽を好んで数鉢買った。今でも枯れずに4鉢残っていて今年も鮮やかなオレンジ色した小さな実をつけた。

 最近は、ほったらかしで面倒と思いつつ米の研ぎ汁だけは枯れないようにやっていたのだ。

 3鉢は、毎年出来不出来の差があるがオレンジ色の実がなり、真冬の灰色の時期、華やかな気分にしてくれる。残りの1鉢は、朱色の実が数個実っていたのが珍しくて気に入って、目の肥えた買い物をしたつもりだった。

 だが、購入後も2~3年おきに2~4個実るだけで、期待できるような気配もなく、およそ成長とは無縁のように10年以上過ぎた。変化もなく無愛想だなぁ~、と内心感じ冷ややかな目でみていた。

 それが、今年は大化けして20個以上の実を付けたのだ。あきらめ半分だったので、これには驚き感動した。大化けした感動シーンを地で味わい心地良い気分になっていた。

 さらに、知らないうちに、わが身に置き換えていたのだった。縁なしステンドグラスで創業し大化けしたい、と常日頃から願っている。いつしか大化けした夢とが重なって自分事のように共感していたのだ。

 気持ちを強く持って頑張れば・・・、大化けする共感を信じて・・・。この朱色の実を付ける珍しいろうや柿のように、と気分を新たにした。久しぶりに味わった共感に気分も高揚した。

 そこで、希望を込めて新年の年賀カードは、この大化けした朱色の実をつけたろうや柿にした。明るい未来が花ひらく様な縁起のよいテーマに図らずもなった。

 実現に向って、長期戦になるが頑張ろうと元気を貰った大化けしたろうや柿だった。

rouya40a.jpg

 ときに、ハローグラスでは、花図案に始まるステンドグラス加工品の美のおもてなしで、癒しや感動サービスを提供し、楽しくて心健やかな生活を応援する感性ビジネスを考えている。

ハローグラス・トップページへ

 

書こう、書こう、と思いながら、大晦日になってしまった。ぐうたら生活に慣れると、時々書こうと思うものの惰性に流され、このブログ記事でさえ書くのが億劫になろうとは・・・、こんなはずではなかったのだが。でも、まぁ~年内は仕方ないか、と、タガを緩めてぐうたらをエンジョイしながら過ごした。

 8年半書き続けた過去が、信じられないことのように思う反面、継続が大事と、書き続ける習慣で障害を乗り越えてきた気がする。習慣とは、怖いものだ、と改めて実感している。

 それというのも、ビジネスプランコンテスト(求む、出る杭、GIA)は、上毛新聞社で行われたプレゼン2次審査で落選(何時ものように読みながら発表しようとしたプレゼン表示モニターがなく、暗記もしていなかったのだから当然なのだが・・・)、さらにホームページの再構築も外注先のスケジュールが一杯で来年から、となり、結果として年内の主な予定が消えてしまったのだ。

 ならば、命の洗濯でもしようと、ぐうたらを決め込んだ数か月だった。

 それでも、年内に事業概要書(ビジネスプラン)だけでも、最低限まとめるつもりで頑張った。これを盛り込んだホームページを構築する前準備だったから。これだけは滑り込みセーフでどうにか完成した。

 "縁なしステンドグラスで、あなたの暮らしに輝きを!"のタイトルで事業概要書(ビジネスプラン)の、PDFを作成し、バナーリンクを張って参照できるようにした。下図のバナー画像をクリックし、参照して頂けると、ありがたい。

 ちなみに、"縁なしステンドグラス"のネーミングは、サイト外注先の提案書からヒントを得た。これを商品カテゴリーとすることで、スッキリした表現になったことを喜んでいる。

 このことからして外注先は信頼できる、と感謝している。無論、MT(MovableType)のCMSでフルMT構築(スマホ対応、レスポンシブデザイン、html5+css3の最新仕様)の技術力にも期待している。来年は、指示を受けながらじっくり作り込むつもりでいる。

 ここ数年使っていた表現の"半田付けしないガラス側面の美しさも見えるステンドグラス"と言う長たらしいフレーズから解放され、縁なしメガネや縁なしレンズ等のように、暮らしに密着した名称に周知することを期待している。

 また、その要旨を、5分間プレゼン用にまとめたものを、下記に掲載した。プレゼンでの発表も兼ねて作成したものだった。

 

縁なしステンドグラスで、新たな癒しや感動の提案。

 

半田付けしない新しいタイプの縁なしステンドグラスを紹介したいと思います。が、その前に、伝統的な半田付けするステンドグラス簡単に紹介します。

 

素材力のある美しいステンドグラス板は、西洋文化が育んだ伝統製法で作られた独特の色合いに、時代を越えた人気があり、種類も豊富で、マーケットも古くから存在しています

しかし、鉄よりも硬くて脆くて割れ易く、デザイン通りの形に手作業でカットするのが難しい。

その上、カットした加工面、即ち、ガラス側面が、粗くて不揃いという手作業の限界、と推測しますが、そのガラス側面を、覆い隠すように半田付けした半田線の美しさが魅力の商品です。

伝統的なステンドグラスは、ガラス側面を半田付けで覆うことが大前提です。

 

この現状に対し、手作業に代わる独自のNC機械加工法を開発し、高品質のガラスピースの量産を可能にした。ガラスピースの工業生産化です。

『デザイン通りの形を、滑らか仕上げで、機械部品並みの精度』と言う手作業の限界を打ち破った、高品質のガラスピースです。

ここから、『半田付けしない、ガラス側面の美しさも見える、"縁なしステンドグラス"とネーミングした商品カテゴリー』が生れた。

この強みから『シルエットの美しさや均一品質の量産効果の美しさ』等の独自なクリア感・キラキラ感セールスポイントが生まれ、従来の平面構造だけでなく立体構造に至る迄、様々な商品構造とデザインの組合せから成る幅広い用途の商品開発にチャレンジする道が拓けた。

 

中でも、最初に接着する方法が具体化し、代表的商品の(縁まし)接着ステンドグラス生れた。

表面も裏面もガラス側面も全て見える彩りの華やかさ。

光を浴びてキラキラ輝く神々しさ。

光の加減や見る角度で変化する神秘的な美しさ。

 

さらに、大きな長所である部分的な接着ステンドグラスは、背景と調和したデザインで、周囲にマッチした"背景も活きるスッキリ感の美しさ"にあった。

 

 

商品コンセプトは、"スッキリ感・クリア感・キラキラ感の映える癒しや感動で、リフレッシュして元気になる"を目標にしている

即ち、心地良いスッキリ感・クリア感の癒しや、わくわくするキラキラ感の感動です。

例えば、"ほっとするような安らぎ"や"ふっとするような和み"で、笑顔になる癒し・くつろぎです。

また、"あっ、きらきら"、"わぁ~きれい"と驚きや喜び・楽しさで、笑顔になるわくわくどきどきの感動です。

 

商品として、窓や間仕切り、壁掛け等のパネル(接着ステンドグラス)透明ガラスの衝突防止マーク等、及び、接着以外のどこでも配置のステンドグラスキット』や壁面装飾材、アクセサリー等があります。

 

どれも、リフレッシュして元気になる商品で、あなたの暮らしが輝きます。

 

顧客ターゲットは、何となく現状に物足りず、珍しいモノ・新しいモノを探し求める余裕のある人達や集客したい経営者です。

装いや部屋、住まい、店舗やレジャー施設、宿泊施設、福祉・公共施設等を飾り、癒しや感動を享受したいニーズがある。

 

販売戦略は顧客参加型の二段構えで、一段目は、ネットショップ販売に加え、話題を投げる販売促進問合せを誘発する役割も兼ね、二段目で対話を重ねながら顧客創造する受注加工販売です。

また、真似の難しい独自商品を、自店だけで、多品種を少量ずつ限定品販売し、希少性の高い"縁なしステンドグラス"の存在感をアピールする。

 

特に、『未来のステッカー・接着ステンドグラス』のキャッチコピーで、普及品であるステッカーに対し高級感のニッチ商品で差別化し、華やかさ・神々しさ・神秘的な美しさが映える上質なスッキリ感・クリア感・キラキラ感が生み出す癒しや感動をPRし潜在需要を喚起し、市場創造・顧客創造の販売促進を展開する。

 

成長戦略の柱は、ステンドグラスの本場、欧米の巨大市場へ輸出すること。

 

最後に、ミッションである "あなたの暮らしに輝きを提供し、心の健康に貢献する"ことを生甲斐にし、生涯現役で追求したいと思います。 

hk002b.jpg

ときに、ハローグラスでは、花図案に始まるステンドグラス加工品の美のおもてなしで、癒しや感動サービスを提供し、楽しくて心健やかな生活を応援する感性ビジネスを考えている。

ハローグラス・トップページへ

群馬県主催で、 『ぐんま創業者十人展』が、銀座のぐんまちゃん家で、9月12日開催します。

 私(ハローグラス)も、メンバーの一人です。

 ライブ演奏/ヘッドスカーフ試着販売/クッキー・スコーン試食・販売/ウッド製品グッツ販売・ワークショップ/パネル・商品展示/商談・交流会/等、盛り沢山です。

 ハローグラスも、大賀蓮の接着ステンドグラス(60cm*42㎝)や『笑顔のステンドグラス』を展示するつもりです。

 出来れば、『群馬県地図』の接着ステンドグラス(90cmX90cm)も・・・。

 皆さんの生の意見が伺えれば、ありがたいです。

 ご来場を、お待ちしてます。

zu158.jpg

 ハローグラス・トップページへ

 ブログを長い間休んでしまい申し訳ありませんでした。

理由は、8年半近く書き続けたブログですが、契約サーバーの容量2GB一杯になりつつあります。

なので、掲載するには、他の記事を削除しなければなりません。今迄に700件近く削除し、現在も2000件の記事の蓄積があります。またサイトが古くなり賞味期限切れに・・・、手作りで、継ぎはぎだらけで・・・、他にも支障が山積しています。

 そこで、以前から考えていたバージョンアップをすることにしました。それも、ハローグラス全体の視点から再構築したい、と考えていましたが、やっと取り掛かることになりました。

 今秋から、スタートします。

 新サイトを公開するまで、申し訳ありませんが、メモリアルとして残したい記事や途中経過を、時折掲載することになると思います。

 その間、販路開拓と創業準備にも頑張るつもりです。

 早く、リニューアルした形で再スタートしたい、と思います。

 

 その前準備として、8月は販路開拓のプレゼンで掲載した記事をビジネスプランコンテストの補足資料として、まとめていました。

 解り易くまとめるのに苦労しました。同時に行ったエントリーシートの文字数に凝縮する作業にも苦労しました。

 人に役立つこととは何だろう、本当に伝えたいこととは何だろう、と自問しながら、考えを深めました。すると、バラバラだったように見えたものが、つながってきたり・・・、本質が見えてきたり・・・と自信も深まりました。未だ、締切まで1ヶ月ありますが一段落、といった感じです。

 この補足資料を、ベースにして、ホームページの再構築に取り掛かるつもりです。

やっと、取り掛かることができる、といった心境です。

 

と、言うことで、しばらく間、ポツリ~、ぽつり~の投稿になります。永い間、ご訪問、ありがとうございました。

 新サイトで、また、会える日を楽しみに、再構築に励むつもりです。

 満76歳になろうとしていますが、やせ我慢しながら、頑張るつもりです。

 重ねて、ご訪問ありがとうございました。

 

ハローグラス・トップページへ

 

ハローグラス ホームぺージ

 

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
たそがれ広湧 似顔絵


癒しマークの商品プラン
癒しマークの商品プラン

 

オリジナル商品企画・PDF

 

加工ガラスのものづくり・PDF

 

月別 アーカイブ

ウェブページ

お遊びジグソーパズル
Powered by Movable Type 4.23-ja

< HP メニュー >

リ ン ク 集

 

最近のコメント

アイテム

  • akagi-kanbann1bb.jpg
  • MT6sitehenkan.jpg
  • nanohana75.jpg
  • nanohana74.jpg
  • nanohana73.jpg
  • nanohana72.jpg
  • hk151b.jpg
  • zu162.jpg
  • zu161.jpg
  • zu160.jpg

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。