群馬県主催で、 『ぐんま創業者十人展』が、銀座のぐんまちゃん家で、9月12日開催します。

 私(ハローグラス)も、メンバーの一人です。

 ライブ演奏/ヘッドスカーフ試着販売/クッキー・スコーン試食・販売/ウッド製品グッツ販売・ワークショップ/パネル・商品展示/商談・交流会/等、盛り沢山です。

 ハローグラスも、大賀蓮の接着ステンドグラス(60cm*42㎝)や『笑顔のステンドグラス』を展示するつもりです。

 出来れば、『群馬県地図』の接着ステンドグラス(90cmX90cm)も・・・。

 皆さんの生の意見が伺えれば、ありがたいです。

 ご来場を、お待ちしてます。

zu158.jpg

 ハローグラス・トップページへ

 ブログを長い間休んでしまい申し訳ありませんでした。

理由は、8年半近く書き続けたブログですが、契約サーバーの容量2GB一杯になりつつあります。

なので、掲載するには、他の記事を削除しなければなりません。今迄に700件近く削除し、現在も2000件の記事の蓄積があります。またサイトが古くなり賞味期限切れに・・・、手作りで、継ぎはぎだらけで・・・、他にも支障が山積しています。

 そこで、以前から考えていたバージョンアップをすることにしました。それも、ハローグラス全体の視点から再構築したい、と考えていましたが、やっと取り掛かることになりました。

 今秋から、スタートします。

 新サイトを公開するまで、申し訳ありませんが、メモリアルとして残したい記事や途中経過を、時折掲載することになると思います。

 その間、販路開拓と創業準備にも頑張るつもりです。

 早く、リニューアルした形で再スタートしたい、と思います。

 

 その前準備として、8月は販路開拓のプレゼンで掲載した記事をビジネスプランコンテストの補足資料として、まとめていました。

 解り易くまとめるのに苦労しました。同時に行ったエントリーシートの文字数に凝縮する作業にも苦労しました。

 人に役立つこととは何だろう、本当に伝えたいこととは何だろう、と自問しながら、考えを深めました。すると、バラバラだったように見えたものが、つながってきたり・・・、本質が見えてきたり・・・と自信も深まりました。未だ、締切まで1ヶ月ありますが一段落、といった感じです。

 この補足資料を、ベースにして、ホームページの再構築に取り掛かるつもりです。

やっと、取り掛かることができる、といった心境です。

 

と、言うことで、しばらく間、ポツリ~、ぽつり~の投稿になります。永い間、ご訪問、ありがとうございました。

 新サイトで、また、会える日を楽しみに、再構築に励むつもりです。

 満76歳になろうとしていますが、やせ我慢しながら、頑張るつもりです。

 重ねて、ご訪問ありがとうございました。

 

ハローグラス・トップページへ

 販路開拓のプレゼン目的で、今までに9件の記事を掲載したが、これはビジネスプランコンテストのプレゼン発表を意識して、ビジネスプランを簡潔かつ判り易い表現で伝えるために書き直したものだった。

 そして、伝える場として、方々で募集しているビジネスプランコンテストを選んだ。人前で話すのは不得意だが、尻込みしていては前進しない。ここは、恥をかくのもPRの内、と開き直っての決心だった。

 これも、新たなチャンスを求めたい一心です。出来れば事業パートナーや販売パートナーに巡る会いたい・・・。

 実は、現在募集中のGコンテストに応募しようと、エントリーシートをダウンロードし、記入項目毎に下書きをしてみたのが掲載した記事だった。

 その記入項目を示すと。

①事業プランのタイトル(30文字以内)

 半田付けしないステンドグラスで、・・・

②事業プランの概要(50文字以内)

 キラキラ感・クリア感が映える『未来のステッカー・接着ステンドグラス』で・・・

③事業を思い付いたのは、どんな理由やきっかけがありましたか(200文字以内)

 販路開拓のプレゼン、創業の動機、経営理念、ビジョンについてを参考にして記入したい。

④事業の具体的な内容を教えて下さい(400文字以内)

●『何を』、販路開拓のプレゼン、何を売るのか、どんな商品コンセプトなのか

●『誰に』、販路開拓のプレゼン、三層の顧客層、悩みや不安から顧客ニーズを洗い出す

●『どのように売るのか』、販路開拓のプレゼン、顧客参加型ネットショップと限定品販売

●『上記の利益を上げる仕組みの目的は』、販路開拓のプレゼン、3年後の目標(ゴール)と将来展望について

を参考にして記入したい。

⑤特に強調したいのは、どんなところですか(400文字以内)

 販路開拓のプレゼンを、新しい価値、を新しい商品、新しい市場、新しいニーズ、新しい技術、新しい用途の6つの新しい視点から、及び、販路開拓のプレゼン、5つのセールスポイントで共感する商品づくりを参考にして記入したい。

⑥事業を進めるためには、当面どのくらいの資金が必要ですか。また、その資金はどうやって調達しようと考えていますか。そのほか事業を進めるための課題は(400文字以内)

  販路開拓のプレゼン、事業を進めるための課題、当面の資金を参考にして、記入したい。

⑦主なプロフィール・実績(300文字以内)

 販路開拓のプレゼン、主なプロフィール・実績を参考にして記入したい。

 

 これから2か月間、記入内容をブラッシュアップしながら、エントリーシートの文字数以内にまとめ上げ応募したい。今、文章を削る苦労に四苦八苦している。本当に伝えたいことは何だろう・・・と。

 ともかく、これで、販路開拓対策は、スタートできた。

 今後、残りのもう一つの課題・公開中のホームページやブログを含め、最新版のサイトに再構築する計画に取り掛かりたい。

 ときに、ハローグラスでは、花図案に始まるステンドグラス加工品の美のおもてなしで、癒しや感動サービスを提供し、楽しくて心健やかな生活を応援する感性ビジネスを考えている。

ハローグラス・トップページへ  

 

●事業を進めるための課題から、説明します。

 

下図で示す通り、ステンドグラス専用CAD・CAMソフトウェア開発を始めた当初、『技術開発すれば、その先は何とかなる』と考えていた。ともかく、開発に成功しなければ、その先を考えても仕方ないと思い、開発に約10年専念し技術者としての満足感は得られた。

hk340.jpgそして、高品質のガラスピースの生産が可能になると、手作りホームページで公開して、技術のPRを行った。ここから販売の糸口がつかめればと思ったが、技術に対する反応は多かったが、販売に対する具体的な反応は少なかった。

技術用語の表現が多く、伝わらなかったようだ。

そこで、通常会話の表現に書き直すことにしたが、意外と難しく苦労した。例えば、"加工面"を"ガラス側面"と、表現を変える等。

 販売経験のない私は、売るためのマーケティングの勉強を始めた。が、サンプル作りも想う様に出来ない停滞気味の日々が今春まで続いた。

 その間、ビジネスプランのブラッシュアップに努め、技術用語を使わないプランに変身させ、自信の持てるビジネスプランへ進化させた。

 ここで、現時点での●事業を進める課題を、大きく4つに絞り込んでみた。

  ビジネスプランコンテスト等に参加しPRして販路開拓すること。

  公開中のホームページやブログを最新版のサイトに再構築し、ネットショップ環境を整備すること。

  生産設備等、生産体制を整備すること。

金属部品加工業と連携し、可能な限り既存設備を流用した体制を作りたい。資金は、出来る限り商品開発・販売促進に使いたい。

  後継者を決めること。

何より、この仕事が好きなことが第一条件で、商品開発や販売促進に強い人材。

 

中でも①②は、●当面の課題として対策を立て、即、実行したい、と考えている。

  ビジネスプランコンテストに応募したいと考え、ビジネスプランを土台にプレゼンを前提にして発表内容をまとめてきたが、最近になって販路開拓を視点にしたプランにまとめ直した。今後、このプラン内容で、PR活動を進めたい。

 

  公開中のホームページやブログを最新版のサイトに再構築し、ネットショップ開店環境を整備すること。

下図で示す通り、公開中のホームページやグログは、丸8年経過し賞味期限切れの時代遅れのサイトになってしまい、最近では検索上位からの訪問者も稀になってしまった。

hk360.jpg原因は解析済なので、8月から再構築に取り掛かる計画です。

 自己流の手作りは止めて、MT専門業者に設計や開発方法を重点に依頼することにした。

 指示に従い単純作業は自分でも行いたい。

 特にブログ記事2500ページを目的別に仕分ける作業等は、自分で行いたい。

 

 最後に、●当面の必要資金・調達方法について説明します。

 

 必要資金1500万円を、生産設備関係1000万円と販売関係500万円にざっくり仕分けてみた。出来れば、生産設備を金属部品加工業と連携強化し現物出資で賄いたい。

 資金は、出来る限り販売関連に振り向けたい。例えば、ネットショップを始めとしたサイト(ハローグラス)を充実し、ブランド力のあるウェブサイトに育てるとか、話題性のある商品を頻繁に開発して、市場の活性化を図るとか。

hk355.jpg

 ときに、ハローグラスでは、花図案に始まるステンドグラス加工品の美のおもてなしで、癒しや感動サービスを提供し、楽しくて心健やかな生活を応援する感性ビジネスを考えている。

ハローグラス・トップページへ 

 

販路開拓のプレゼン、主なプロフィール・実績

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ハローグラスの広川勇、と申します。

 プロフィールについて説明します。

 

hk330.jpg

昭和16年9月 誕生
工業大学(機械工学科)を卒業後、プログラマー、SE,プロジェクトリーダー
中小企業診断士を登録し、システム開発に役立てる。

昭和52年 
独立し、東京都新宿区四谷でソフトウエアハウスを設立し、受託開発を行う。

平成5年  廃業して群馬県伊勢崎市に帰省
独自のガラス板NC加工法システム(CADCAMによるステンドグラス加工システム)の開発に取り掛かる。以降、NC機械による試作等のテスト加工を繰り返す。

平成17年
CADCAMによるステンドグラス加工システム」を、特許出願する。
名称:「硬脆性材料板の数値制御(NC)加工法」(平成20年9月 特許取得)

平成20年4月
開発した「CADCAMによるステンドグラス加工システム」のPR目的でホームページを手作り作成し公開した。("ハローグラス"で検索)

  ここまでが創業の強みづくり段階

  以降、商品づくりと販売段階で創業準備中

平成29年5月

 販路開拓中で、創業準備中が続いている。

 

 事業経験について、

1.   昭和52年東京都新宿区四谷でソフトウエアハウスを設立、制御系ソフトウエアを受託開発する会社を経営した。

2.   平成5年廃業し帰省。(理由、受託開発リスク、独自技術の自社開発の夢、母との同居

3.  帰省後、独自技術を開発する際、次兄の経営する工場に無料で間借りし、周囲から物心両面の援助を受けた。今後も、遊休工場を無料で利用できる約束になっている。

4.  こうして、私は、ステンドグラス板のNC加工に関して20年以上の経験を積むことができた。

ハローグラス・トップページへ

 

 

● 創業の動機について説明します。

 

ソフトウェア技術者として、東京・四谷で受託開発のソフトウェアハウスを経営しながら、『自社開発のソフトウェア製品』の開発を模索していたが、夢の実現は難しかった。

その頃、仕事のストレスの癒しをステンドグラスの美しさに求めたこともあり、『ステンドグラスを作ってみたい』が高じて『CAD・CAMによるステンドグラス加工システム』を開発してみたい、と想うようになったのがきっかけだった。

   ガラス板は『機械加工が難しい』が業界常識だったが、ソフトウェア技術を活かしたガラス板のNC機械加工に挑戦し、従来の手加工品質の限界を打破した独自のNC加工法の開発で、高品質のガラスピースの量産多様な用途開発を可能にすることにより素材力のある美しいステンドグラス板を活かし切りたい(こだわり)、と考えた。

   生涯現役を支えるガラス板加工用のマイツール(ソフトウェア)を自ら開発し、ステンドグラスの加工品づくりに活用したかった。本物素材のステンドグラスのインテリア品でイメージアップした①住まいや部屋、装いで輝きのある暮らしを楽しんで頂くこと。②レジャー施設の体験で、サプライズや楽しさを満喫して頂くこと等、顧客の喜ぶ姿が浮かんで来た。

③『半田付けしないステンドグラス』の商品企画、商品化、ネットショップ販売に至るまで、一貫した『自分で作って自分で売るシステム』に、チャレンジしてみたかった。

 しかし、採算を度外視した見通しの立たない無茶な夢だった。

 だが、50歳を契機にラストチャンスと考え、完全燃焼を求めて、どうしても挑戦して見たかった。

 棚卸した自分のスキルを熟考し、ガラス板、ソフトウェア、NC機械加工のキーワードなら開発できる、と決断し、廃業し個人に戻り帰省し、チャレンジを開始した。

下図は、創業の動機を、ストーリー仕立てで見える化した図です。

ppt003.jpg

現代はモノ離れが進んだ成熟社会・競争社会であり、ストレスや不安、驚きや喜び等に応える癒しや感動を、花やステンドグラスの美しさに求め人達がいる。

心健やかなライフスタイルを求める人達である。

この人達の心健やかな生活を応援しようと、美のおもてなしによるステンドグラスの企画・製造・販売の感性ビジネスで創業しようと、考えた。

 

● 経営理念

『心豊かな生活を求める人達に、ステンドグラスの美のおもてなしで、心地良い癒しや感動を提供する心健やかサービス』の事業活動を地域と共生しながら行うこと。

これにより、自分達と顧客と地域を幸せにする『三方良しで三方幸せ』を目指す。

自分達の幸せは、生甲斐のある生活を育み、老後も生き生きと仕事すること。

行動指針として、独自性を尊びチャレンジすること。

そして、ステンドグラス加工品の癒しや感動で、誰もが幸せになる心豊かな生活づくり、お店づくり、街づくり、景観づくりでイメージアップする人達を応援すること。

kk0170.jpgキャッチコピーの『半田付けしないステンドグラスで、あなたの暮らしに輝きを!』を、

ミッションに掲げ、

ステンドグラスのある豊かな生活を幅広く提案し続けること

 

  

● ビジョン

次のような企業風土を描きながら、ミッションを果たす覚悟でいる。

半田付けしないステンドグラスの多様な商品化で、癒しや感動サービスを提供し、お客様に満足し喜んで頂いている。

また、商品の種類を拡げた結果、新たな顧客・用途も生れ、市場に新しい風が吹き活発になり、市場パイも拡大し成長し続けている。それに伴い売上や利益も計画通り順調に伸びている。

さらに、"ステンドグラスの美のおもてなし"をスローガンに掲げ、従業員や地域の皆さんも、笑顔で幸せになるように一層頑張っている。

特に、高齢者の人達が生きがいを実感している姿が、雰囲気からも伝わってくる。

私も生涯現役を目指して頑張っている。

そして、誰もが幸せになるような心豊かな生活づくり、お店づくり、街づくり、景観づくりが、緩やかに前進している。

 

 ときに、ハローグラスでは、花図案に始まるステンドグラス加工品の美のおもてなしで、癒しや感動サービスを提供し、楽しくて心健やかな生活を応援する感性ビジネスを考えている。

ハローグラス・トップページへ

 

  3年後の目標(ゴール)と将来展望について。

 これまで、『何を、誰に、どのように販売する』を説明した。この利益を上げる仕組みで創業した場合の目標について説明します。

 3年後のあるべき姿を目標(ゴール)に設定した。最初に、売上や利益等の数値目標を主に説明します。

 

hk250.jpg

 その数値目標は、売上高2000万円、粗利益1200万円、売上総利益率60%、営業利益300万円(営業利益率15%)。

 製造原価800万円の内訳は、ざっくり、人件費500万円、材料費200万円、諸経費100万円で、NC機械稼働率50%。

 販管費の中で、特に開発費200万円(開発費比率10%)、広告宣伝費100万円(広告宣伝費率5%)とに重点を置いている。

 経営方針として、売上額の大きさよりも、利益の大きさに重点を置き、チャレンジする開発と広告活動に重点を置いた目標設定になっている。

 次に、数値目標以外の主な目標を説明します。

  1. 事務所にショールームを兼ねた実店舗を開店する。
  2. 周囲からの無償援助を有償化し、自立する。
  3. グッドデザインぐんまや各種コンテスト、交流会に参加し知名度を上げ販路開拓を積極的に行う。

 

hk260.jpg

次に、将来の展望や成長性について。

 現在のガラス製品の殆どが、溶かして成形するホット加工法の製品です。それ以外の代表的な製品にステンドグラス板等の半製品からコールド加工(常温加工で材料品質を保持する加工法)で半田付けで作るステンドグラスがある。

 これに対し同じコールド加工法でもNC機械加工で『ガラス側面の美しさも見える高品質のガラスピース』を新しい価値とした新商品の持つ新鮮さや珍しさをセールスポイントにしたのが、半田付けしないステンドグラスだった。

 物珍しさやキラキラ感で、小さな会社を維持する程度の規模の潜在需要は充分に見込めるはずである。"新しいモノや珍しいモノには、それだけで成長力のある魅力"を実感しているから・・・。 要は、いかにしてそれを掘り起し、市場創造するか顧客創造するかが、課題のはずである。 これを、顧客参加型ネットショップの仕組み(2段構えの販売戦略)でチャレンジしたい。

 将来展望として、ステンドグラスの本場、欧米へ輸出したい。

 また、新たな用途開発で商品の種類を増やすと同時に、衝突防止マークなどを主力商品に育てる必要がある。普及促進のためにPR活動を重視したい。

 さらに、モノ離れが進んだトレンドの先に見えてくるのは、リユース・シェアリング・レンタルの場が広がって行くだろう。

 ステンドグラスも、こだわりで所有する人と、定期的に入れ替え効果(飽きることや新鮮さ)を求めるレンタルとの2極化が進むと、想われる。

 ここに、観葉植物や絵画レンタルと同じような、ステンドグラスレンタル等の"所有せずに必要な時だけ欲しい"に応える販売方法も検討したらどうだろう・・・、と成長性は、今後の取り組み方次第、とみている。

 ときに、ハローグラスでは、花図案に始まるステンドグラス加工品の美のおもてなしで、癒しや感動サービスを提供し、楽しくて心健やかな生活を応援する感性ビジネスを考えている。

ハローグラス・トップページへ

 

 今春、ぐんまフラワーパークで撮ったハナモモ風景やハナモモの花の写真でジグソーパズルを作った。

遊んで頂けると、ありがたい。 

 

 

ハナモモ風景、1
              ピース数 35
ハナモモは、枝を横に拡げるよりも真っ直ぐに上に伸びるなぁ~、と。背伸びしてきた自分の人生と重なり、不安定で危なっかしく見えた。
ぐんまフラワーパーク
 
 
 
ハナモモ風景、2
              ピース数 25
撮った写真を見ていたら、じわりじわりと嫌な気分に襲われた。現実の美しさに比べ、見劣りするのだ。三脚を使ってじっくり撮れば、とも想ったが。
ぐんまフラワーパーク。
 
 
 
 
ハナモモの花、1
              ピース数 35
ハナ桃まつりのお雛様やハナモモを見て、花に寄り添った人生は、心健やかで幸せな生活なのだ、と感じた。
ぐんまフラワーパーク。

 

 

 

ハナモモの花、2
              ピース数 30
八重桜のようなハナモモに区別が難しく、花の咲く時期、場所、全体の雰囲気で判断するしかないなぁ、と思っている。
ぐんまフラワーパーク。
 

ハローグラス・トップページへ

 

 ここでは、『どのように売るか』について、説明します。

 それは、対話を重視した顧客参加型ネットショップ販売で、市場創造と顧客創造との2段構えの循環型・販売戦略です。

 一段目の『品揃え展示販売を中心にしたネットショップ販売』に加え、二段目は『問い合わせや対話を繰り返しながら顧客創造する受注加工販売』です。 

 この一段目で重要なのが、『話題を投げる販売促進』であり、試行錯誤しながらノウハウを築きたい。

hk220.jpg ●一段目は、市場創造とネットショップ販売

 ここでのネットショップ販売は、標的市場に対し提案型新商品を品揃え展示販売する方法で、関心のある見込み客に①即、購買(ネットショップ売上)か、②問い合わせによる対話の窓口に誘導する。

 つまり、品揃え展示販売は第二段階に誘導するトリガーの役割も兼ねている。そのために、常に話題性のある商品を投げかけ、問合せを活発にする販売促進策を実施する。

二段目は、顧客創造と受注加工販売

 ①の問い合せや③の対話(販売活動で出会った個々の見込み客)を繰り返しながら受注加工につなげる顧客創造する販売方法です。

 以上の二段構えのサイクルで市場パイを拡大・成長する循環型販売戦略です。

 つまり、対話を重視した顧客参加型ネットショップ運営を指向する。

 これを実現するために、現在公開中のハローグラス・サイトを再構築する必要がある。

 これに関しては、MT(MovableType)の専門業者(PRONET)と計画進行中なので、ここでは省略します。(事業を進めるためには・・・の章で説明します。)

 次に、限定品販売とネットショップ・売上予想について説明します。

hk240.jpg

私達の販売戦略の特色は、2つある。

 一つが、対話を重視した顧客参加型ネットショップであり、

もう一つが、限定品販売戦略です。

● 限定品販売について説明します。

 下記の3つの限定で、差別化を徹底した限定品に仕立てブランド化を指向する。

 ① 自社だけの生産者限定(独自技術で生産した真似の難しい商品)

 ② 多品種少量生産で数量限定(経営方針で多品種を少量販売)

 ③ 自店だけで販売する店限定(他店では売っていない商品)

 以上の限定品を、自店だけで販売し、全国を商圏に、点在する富裕層やニューリッチ層をターゲットにしたネットショップ販売です。

●売上予想と根拠

 月次売上計画は、ネットショップ販売なので、サイトの訪問者数とコンバージョン率(購入者数/訪問者数)から購入者数を予測する。

 これに事業計画で想定した平均客単価から一日当りの商品売上額を推定する。

 さらに、一ヶ月30日と仮定して月次売上を求める。

 現在既に、250人~350人/日の訪問者がある。

 

ときに、ハローグラスでは、花図案に始まるステンドグラス加工品の美のおもてなしで、癒しや感動サービスを提供し、楽しくて心健やかな生活を応援する感性ビジネスを考えている。

ハローグラス・トップページへ

 誰に販売するのか、の『』、つまり、顧客について説明します。

 商品は、顧客を満足させることのできる、役立つものでなければならない。

 私達の顧客ターゲットは、嗜好品に近いステンドグラスを『インテリア品として、豊かな楽しい生活に、積極的に取り入れようとする人達』です。

 その顧客ターゲットを大きく3つの層(三層の顧客ピラミッド)に分類し、年令と共に顧客の成長する姿を念頭に置いて、さらにニーズの変化も対応して分類してみた。

hk200.jpg

① 富裕層(年収3000万円以上の人達で、人口の約1.2%を占め全国に150万人)

多くの人が事業経営しており、集客したい、ニーズを持っている。

②ニューリッチ層(年収1000万円以上の600万世帯)

 趣味を活かしたライフスタイルで地域社会活動のリーダーで行動派の女性。部屋や住まいを飾りたい、ニーズを持っている。

③専門職で働く20~30代の女性(全国に約600万人)

 装いを飾りたい、部屋を飾りたいニーズを持っている。

 これ等の顧客層は、イノベーター理論(普及率)のイノベータ層(2.5%・300万人)及びアーリーアダプタ層(13.5%・1600万人)に重なる部分が多い、と推測している。

 特色として、珍しがり屋・新しがり屋や自慢したい等、積極的で上昇志向が強く、珍しいモノ・新しいモノを探し出すと誰よりも早く手に入れ、人に見せ自慢したい等のニーズがある。

 何となく、現状に飽き足らず珍しいモノ・新しいモノを探し求める人達でもある。

hk210.jpg

 次に、顧客の問題点となる『不安や悩み・希望や要求』から顧客ニーズを洗い出し、併記した。

 『何を』に該当する商品は、この顧客ニーズとセールスポイントの相乗効果による商品開発から産まれます。

・経営する施設の集客UPを図りたい

 ⇒ ステンドグラスのサプライズの演出で、お客様に喜んで頂きリピート客になってもらいたい。

・透明ガラス(ドァや窓)に気付かず、ぶつかる事故 

 ⇒ ステンドグラスの衝突防止マークで安心・安全プラス高級感。

・70%の人がストレスを感じている 

 ⇒ ステンドグラスの癒しの雰囲気で、和み・安らぎリフレッシュする。

・明るい快適な雰囲気に飾りたい 

 ⇒ オアシスのようなステンドグラスの心地良い雰囲気で、くつろぎ・憩いリフレッシュする。

・わくわくしたい 

 ⇒ キラキラ感の感動・サプライズで、リフレッシュしモチベーションを高める。

・将来に不安

 ⇒ 自分磨きに、記念のご褒美にステンドグラスを。

・変身したい(願望)

 ⇒ 本物志向のイメージアップで、気分転換・満足感・充実感を満喫したい。

・何となく物足りない不満

 ⇒ 珍しい商品・新しい商品に対する期待、探す楽しみ。

・本物が欲しい 

 ⇒ 本物の持つ奥深い美しさを味わいたい。 

  以上を顧客メリットとして、少し長いがキャッチコピー風に下記のようにまとめた。

 『心地良いスッキリ感・クリア感の癒しやわくわくするキラキラ感の感動で、共感したあなたはリフレッシュし元気になり、暮らしに輝きが生まれます。 そして、あなたの心を健康にします』。

 ときに、ハローグラスでは、花図案に始まるステンドグラス加工品の美のおもてなしで、癒しや感動サービスを提供し、楽しくて心健やかな生活を応援する感性ビジネスを考えている。

ハローグラス・トップページへ

 

ハローグラス ホームぺージ

 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
たそがれ広湧 似顔絵


癒しマークの商品プラン
癒しマークの商品プラン

 

オリジナル商品企画・PDF

 

加工ガラスのものづくり・PDF

 

月別 アーカイブ

ウェブページ

お遊びジグソーパズル
Powered by Movable Type 4.23-ja

< HP メニュー >

リ ン ク 集

 

最近のコメント

アイテム

  • zu158.jpg
  • hk355.jpg
  • hk360.jpg
  • hk340.jpg
  • hk330.jpg
  • hk260.jpg
  • hk250.jpg
  • hk240.jpg
  • hk220.jpg
  • hk210.jpg

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。