ぐんまフラワーパーク・四季エリアで、色鮮やかなチューリップが咲き誇る姿に負けじと、れんぎょうも黄金色で輝いていた。が、れんぎょうの花の寿命は短く、この風景に遭遇するのは、稀なことだった。

 旬のれんぎょうは、花壇と雑木の境界の一部に10本ぐらい並んで、遠目では黄色い帯のように見え、近付くにつれ蒔絵のような雅と言うか華やかな美しさに変わった。

 実は、前景にチューリップ花壇を入れて数枚撮ったのだが、うまく撮れなかった。掲載をためらうほどのNG写真に、マニュアルモードの設定ミスかな、と自分を疑った。

rengyou35.jpg

 背景に雑木を入れて、パチリ。まだ冬木立のような焦げ茶色の幹や枝と対照的な深みのある黄金色に、温もりが伝わってきた。

 暖かな室内から、窓越しの冬景色を楽しんでいるような、イメージでもあった。

rengyou30.jpg

 アップしてれんぎょうの4弁花がたわわに咲いている枝を、パチリ。同じ4弁花でも花水木とは、違った形のようだ。

 そう言えば、最近のアクセス解析の中に"れんぎょうの花と花みず木のはなのちがいは"と言う長いロングテールキーワードでの検索があった。

 先ず色が違う、花水木の黄色は見たことがない。それと花弁の形、花水木の樽型に比べ、れんぎょうは細長い葉っぱ型。咲いた形は、花水木の反り返った平面的に対し、れんぎょうは、ラッパ型で立体感がある、と思いつくままに書いた。

rengyou31.jpg

 さらに、アップで、パチリ。

 この黄色の美しいれんぎょうの花にも、本来ならば実がなり漢方薬になるらしい。が、公園のれんぎょうは、観賞用に品種改良されたもので実がならない。 ハナモモが観賞用で、実を食べてもおいしくないのと同じことのようだ。人間の美に対する貪欲さが伺えが心の健康を大切する故だろう。

rengyou32.jpg

 葉が出てきたれんぎょうを、アップで、パチリ。

 葉っぱが、グリーンのれんぎょうの4弁花にも見えた。葉にピントが合っていたのが良かったようだ。  

 薄緑色した新緑の若葉のイメージにぴったりの爽やかなイメージがする。成長や希望、清潔やクリーンをテーマにした商品に向いているようだ。

rengyou33.jpg

 花のピークは過ぎ、これから葉っぱの時期になる。 

 今回は、鮮やかに輝く、明るいれんぎょうの花が撮れたので、花につられて陽気になっていた。とても、楽しい時間を過ごせたことに感謝している。

 花やステンドグラスは、心の健康のサプリメント、であることを実感したれんぎょう撮影だった。

rengyou34.jpg

 ときに、ハローグラスでは、花図案に始まるステンドグラス加工品の美のおもてなしで、癒しや感動サービスを提供し、楽しくて心健やかな生活を応援する感性ビジネスを考えている。

ハローグラス・トップページへ

 大胡ぐりーんふらわー牧場・崖下の浅い谷底に、水芭蕉と桜とが同時に咲く場所があることを知ったのは、3~4年前だった。その時の初めて見た感動は、今でも記憶に残っている。平地では見られない光景で、桜と水芭蕉の共演する珍しさと新鮮な美しさに目を奪われ、ただ驚いていた・・・。

 初めて見るものは、それだけで商品価値があることを、実感したような感動だった。なので、新鮮な珍しさは、訴求力があり商品価値や成長性を秘めている、と思っている。

 私の目指す接着ステンドグラスも最終的に、同じような珍しくて新鮮な驚きを与える様な商品になれば、と目標を高くしている。

 NC機械加工でガラスピースを生産出来ること。これは高品質かつ量産できる機械化メリットで、幾何学模様を活かした花図案の基本パターンを左右対称、上下対称、移動、コピーなど繰り返したり、傾けたり、拡大・縮小したりすることで、際限なく大きなスケールのステンドグラスに展開することができる。

 さらに、一部ステンド化で、ステンドグラスのない余白部分も充分に活かしたデザインにすることができる。

 なので、是非、実現したい、と考えている。珍しさが与える新鮮な驚きを、狙った商品、と言うことになる。無論、これは、商品コンセプトの要件の一つに過ぎない。つまり、強みからみた展開になっていて、顧客目線のことを考慮していない。ここに、創業出来ない欠点がある。

 1H5Wで言うと、どんな顧客に、何時、何処で、どんなデザインのステンドグラスを・・・、を提供したら、このケースに該当するのか、実感の持てる具体的な企画迄進んでいないのだ。

 私一人で好き勝手にやっていることなので、仕方ないと言えば、それまでだが・・・。

 話は戻り、その時は、谷に沿って下流から見た光景だった。(下の写真の右方向からだった。)

 今回は、崖の中段から見下ろすように撮ることから始まった。この撮影ポイントは、今春探した場所であり、その時から満開の桜と水芭蕉を撮りたい、と待っていた。図らずも、そのチャンスが到来したわけだった。

 木道の回りに青い葉が見えるようになったが、水芭蕉かな?

sakura406.jpg

 崖を下って、水芭蕉畑へ。上流から、パチリ。

sakura407.jpg

 木道上から、下流の桜やこぶしの花を逆光で、パチリ。透ける美しさを感じた。

sakura408.jpg

 雑草に交じって咲く水芭蕉の花と満開の桜を、パチリ。

 現実の風景は、水芭蕉の花が少なく、共演とは名ばかりだったが、それでも共演する雰囲気が伝わってきた。

sakura409.jpg カメラを引いて、青空を大きく入れて、パチリ。青々としている葉は、水芭蕉。

sakura410.jpg

 満開のこぶしの花を、パチリ。

 どの花も、逆光気味の撮影に、透けている写りで、清楚な清々しい光景だった。 

sakura411.jpg

  ときに、ハローグラスでは、花図案に始まるステンドグラス加工品の美のおもてなしで、癒しや感動サービスを提供し、楽しくて心健やかな生活を応援する感性ビジネスを考えている。

ハローグラス・トップページへ

 

 うぬき公園で撮った菜の花と雪柳の共演する写真で、ジグソーパズルを作った。

遊んで頂けるとありがたい。

 

 

菜の花
              ピース数 35
鮮明な菜の花に、おぼろやかすみの中から見つけた夢や希望が共感し輝くわくわく感が重なった。実現しなければ・・・。
うぬき公園。
 
 
 
雪柳と菜の花、1
              ピース数 35
雪崩のようなイメージの雪柳。しなやかに枝垂れる雪柳の花のイメージにピッタリな気がした。
うぬき公園。
 
 
 
雪柳と菜の花風景、1
              ピース数 25
広瀬川を挟んで南側が西武公園で歩道橋を渡ると北側のラブリバーうぬき親水公園。その河川敷に菜の花と雪柳の咲く素晴らしい一画がある。
うぬき公園。
 
 
 
 
雪柳と菜の花、2
              ピース数 30
北国の春を想像しながら、遠景の雪形を背景にしたのどかな菜の花風景をイメージし、パチリ。
うぬき公園。

ハローグラス・トップページへ

 

 販路開拓の目的で、顧客メリットを前面に出したプレゼンを作成しようと、創業ストーリーから書き出し・・・、独自商品についてステンドグラスの実る木の商品イメージを、サンプルを活用し見える化で紹介した。

 この商品を販売するに当り、どんなミッション(使命) に基づくものか、考えてみた。

 以前、ハローグラスの強みの説明で、『経営戦略は楽しい面白いステンドグラスで癒しや感動の感性ビジネス。具体的なミッションは、素材力のある美しいステンドグラス・・・、その高品質のガラスピースを用いて、多様な用途の商品化にチャレンンジし、利用分野を拡げながら拡大成長する事業戦略です』と説明した。が、文字通り自分の強みのPRであり、相手のお客様について具体的に触れていなかった。だから、極端な言い方をすると技術のPRで、顧客不在とも言えた。

 ものづくりの視点から書いたもので、顧客メリットについて具体的に述べていなかったのだ。(行間に込めたつもりだが、明示しなければ顧客に伝わらない!)

 企業の存在価値は、お客様に役立つものを販売することにある。このことを自覚しないと創業しても販売不審で継続できずに野垂れ死にすることになる。

 お客様に役立つことを通じて、顧客の支持を得ることが重要であり、顧客が満足することで役立ったことになる。そのためには、顧客の不安や悩みなどからニーズを知ることから始まり・・・、そのニーズを自社の強みで解決した商品、と言うことになる。これは、他社との競争に勝つため・・・。ニーズと強みの一致点のある商品のみ、お客様に役立つ商品として認知される。

 なので、強みの視点からのミッションは、不十分であり説明不足だった。

強みを活用した商品は、お客様に役立つ顧客メリットを伴った商品であることが条件だった。否、ニーズを解決する顧客メリットに重点を置いた、強みを活かした商品、と言うことになる。 

 そこで、ミッションを、顧客目線で下記のように書き直した。

 ハローグラスは、ステンドグラスのある豊かな生活を提案し、

あなたの暮らしに輝きを!

ステンドグラスの癒しや感動で、あなたの心に寄り添います。)

 提案とは、ハローグラスの強みを活かした顧客の問題(悩みや不安)を解決した商品の提案ということになる。 一言で言えば、商品コンセプトと顧客ニーズの一致した商品の提案である。

次回、顧客ターゲットと市場ニーズについて詳しく説明する。

kk0170.jpg

 

 ところで、アカヤシオの丘に咲く明るいピンクのアカヤシオの花を撮った後、大胡ぐりーんふらわー牧場に行くと、嬉しい誤算で満開になっていた。

 そこで、崖下から見上げる杉木立を背景にした桜満開の景色を撮ろうと、勇んで崖下に向った。

 崖下から見上げる杉木立風景は、何時見ても良いな、と共感する。峠越えのようなイメージ(登りきると、次の峠が目の前に輝いている・・・)で、一里塚とかマイルストーンのイメージなのだ。

 そこに華やかな桜満開風景は、花道のようにも見えるが、歩いているのは、独りが似合っている、と思う。

sakura402.jpg

 黙々と足元を見ながら登る姿を誇張して、空の部分をカットしてみた。桜満開の風景など楽しんでばかりいられない・・・。 

 一見、版画風の景色。日本画のようなイメージに見える景色でもある。

sakura403.jpg

 峠の姿も、いろいろだが、どれも良いな、と感じている。似たような写真だから、当たり前と言われるかもしれないが。

sakura404.jpg

 しかし、それ以上の何かを感じているのだ。なので、4枚の写真を掲載した。どれにも、共感していることを、具体的にうまく表現できないが、見えないが見飽きないものを持っている景色、と言うことだろう。感性の世界では、何となく気に入っているとか、何となく好きだ、と言うことと同様に、ともかく好きだとか、理屈抜きで良いとかは沢山あるだろう。

sakura405.jpg

  ときに、ハローグラスでは、花図案に始まるステンドグラス加工品の美のおもてなしで、癒しや感動サービスを提供し、楽しくて心健やかな生活を応援する感性ビジネスを考えている。

ハローグラス・トップページへ

 

 10日前の4月14日、快晴で暖か日和に誘われるように、嶺公園の水芭蕉を撮りに行く。今年になって水芭蕉の撮影は、3度目。

 最初に、お彼岸の頃の記事(咲き始めの水芭蕉、木道にエントしてローアングルで超アップでパチリ)で咲き始め、次が10日後の4月初めの2~3割咲いていた記事(木道からの見慣れた眺めと違った歪んだ水芭蕉に興味が・・・ )だった。

 今回は、そのまた10日後で、多分、満開の見頃だろう、と自信を持って行ったところ、既に見頃は過ぎて、お化けのように大きく育った菜っ葉畑に見えた。見頃の予想は大外れだった。

 しかし、次に向かったアカヤシオの丘のアカヤシオの花は、予想通り見頃だった。さらに、大胡ぐりーんふらわー牧場に行くと、予想に反して、満開の嬉しい誤算になった。

 なので、当った確率は1勝2敗で勝率3割3分、野球の打率のようなもんだと変な所で勝ち越すことの難しさを味わった。日本相撲協会の尾車親方の言葉が浮かんできた。

 『人生8勝7敗 最後に勝てばよい。いいことも悪いこともいろいろあって、最後に1つだけ勝ち星が上回る8勝7敗なら、上出来なのではないでしょうか』。中でも 『最後に勝てばよい』が、自己実現につながっているようで、すごく気に入っている。無論、これは自分に勝つこと。でなければ相手に勝てるはずもない。とにかく夢の実現、ということだが、自分に甘い人間なので、あきらめないで継続中でもいいと思っている。要は悔いを残さないことだ。

 話は戻り、帰路の道すがら松並木やぐんまフラワーパークの隣にあるみやぎふれあいの郷(風の駅)に立ち寄った。ここの庭園にも水芭蕉の池があり、時折撮っていた。

 すると、ここの水芭蕉は、丁度見頃だった。いろいろだなぁ~、と実感しながら、嶺公園と違う明るい水芭蕉風景に満足した。

 何と言っても、桜と水芭蕉の明るい風景が撮れたこと。  

mizubashou39.jpg 水芭蕉の池をアップで、パチリ。写真の写りはイマイチになったが、とても華やいだ美しさで、しかも清々しい雰囲気だった。来年こそ、良い写真を撮りたい、とチャレンジ心に火が付いた光景だった。

 天然記念物の尾瀬の代表的な花として水芭蕉を見てきたが、水生植物として、蓮や睡蓮、花菖蒲に水芭蕉も加わった近親感も湧いてきた。

 地図で距離を測ると、みやぎふれあいの郷は尾瀬から50~60Km南に辺り標高も400m位ある。多分、水芭蕉の花の群馬県での南限は嶺公園やこの近辺だろう。

mizubashou40.jpg

 さらに、苞と花穂を、黄色の小さな花をバックに、パチリ。この小さな黄色い花の名前は何度も聞いていたのだが、あまり気にせず聞き流していた。否、覚えられなかった。結構、知られている名前らしいいが・・・。

mizubashou41.jpg

 前回、撮った写真。苞に比べて葉が少ない気がしながら、パチリ。とても、面白い花模様のイメージがし、興味が湧いていた。

mizubashou42.jpg

 今回、撮った写真。倒れた白い苞は、白鳥のように見えた。 

mizubashou43.jpg

  なんともモダンな図案のイメージが浮かび・・・、大事にしたい写真になった。

mizubashou44.jpg

 ときに、ハローグラスでは、花図案に始まるステンドグラス加工品の美のおもてなしで、癒しや感動サービスを提供し、楽しくて心健やかな生活を応援する感性ビジネスを考えている。

ハローグラス・トップページへ

 

土佐ミズキのジグソーパズルの続きの続き

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ぐんまフラワーパークやいせさき市民の森で撮った土佐ミズキの写真でジグソーパズルを作った。

 さらに、土佐ミズキのページを作り公開した。

遊んで頂けると、ありがたい。

 

 

土佐ミズキの花、2
              ピース数 30
めっきり春らしくなった陽を浴びている土佐ミズキ、房も長くなり始めている姿を、パチリ。
ぐんまフラワーパーク。
 
 
 
 
 
ヒュウガミズキの花
              ピース数 30
四季エリアのヒュウガミズキ(日向ミズキ)が、満開になっていた。土佐ミズキよりも、全てが小振りな感じで、花も房状にあまり伸びないのかな?
ぐんまフラワーパーク。
 
 
 
 
河津桜と土佐ミズキ、2
              ピース数 24
土佐ミズキの黄色い点描のようなつぼみを前景に、満開の河津桜をパチリ。それは明るい華やかな春景色だった。
いせさき市民の森。

ハローグラス・トップページへ

 

 ちょうど一週間前の金曜日快晴で、風の強い日だった。市内のどこも桜は満開になっていたので、その様子を記事(市内の主な桜を撮り歩いたものの見慣れたシーンは感動も薄くなり)にも書いた。

 そこには、見慣れた景色は感動が薄くなる、と言ったものでマンネリ化の弊害のような残念な記事になってしまった。出来れば、よそ者目線を強くし、もう少し鋭い観察で新たな記事にしたかった。

 ところで今回は、ぐんまフラワーパークで、数本のアカヤシオの花が、桜よりも早く既に満開になっていたのをウォッチしていたので見頃だろう、と判断し、富士見町のアカヤシオの丘に咲くアカヤシオの花を撮りに行く。

 場所は、赤城山・大沼に向う赤城前橋4号線から空っ風街道を赤城神社方面に曲がって1~2Kmの街道沿いなので直ぐに判る。臨時駐車場も新たに作られ昨年よりも受入れ態勢も整備されたようだ。

 未だ、人影もまばらで10数だったが、元気なおばさんグループが賑やかで静かな丘の騒音の発信源になっていた。

 話は戻り、テーマのアカヤシオの花について。この花のピンクは、本当に明るいピンク色の印象が強く、花弁の質感は、秋明菊に似て、しっとり感のする上品なイメージがする。

 つい最近も、こんな明るいピンクに感動した記憶があったが、想い出すのに時間が掛かった。が、うぬき公園のおかめ桜だった。

akayasio22.jpg

 順光で、パチリ。何か物足りない美しさの気がしている・・・。

akayasio24.jpg

 そこで、逆光で、透けた花弁にフォーカスしてマニュアルモードで撮ってみたのだが・・・。

akayasio23.jpg 舞う花のイメージで面白さを狙って撮ったつもりだったが、動きが感じられない写りになった。 

akayasio25.jpg

 深紅のつぼみにフォーカスして、パチリ。

akayasio26.jpg

 アカヤシオの丘の雰囲気を、パチリ。

akayasio27.jpg ときに、ハローグラスでは、花図案に始まるステンドグラス加工品の美のおもてなしで、癒しや感動サービスを提供し、楽しくて心健やかな生活を応援する感性ビジネスを考えている。

ハローグラス・トップページへ

 今年になって、既に大胡ぐりーんふらわー牧場やぐんまフラワーパークで撮ったこぶしの花の記事(傷み始めて茶色にくすみ始めたこぶしの花、真っ白に輝くこぶしの花)を書いている。

 その時、掲載できなかった写真を、今回最初に掲載することにした。少し傷み始めたこぶしの花を横から、撮ったもの等。

 こぶしの花の付け根に、冬芽の殻のようなものと芽吹き出した小さな葉のようなものとが見える。この後、花は散り、殻も落ち、葉が成長するはずだが、これが本当に葉や殻なのか?

kobusi35.jpg

 こちらは、満開を過ぎたこぶしの花々。これから徐々に傷んで茶色のくすみも出始めるが、夫々の花の形が自由で面白いので、その花模様をステンドグラスのデザインに使ってみたいと想い撮って置いた写真。

 陽だまりの中で、老後をくつろいでいる癒し系の商品コンセプトで介護施設等をイメージしていた。

kobusi36.jpg

 別の遅咲きのこぶしの木で、以前に撮っておいた純白の花。 

kobusi37.jpg

 これは、その純白の木の今の光景を、パチリ。当たり前のことなのに薄緑色の葉が成長していたことに驚いた。この薄緑の葉と純白の花との清々しいこぶしの花図案のステンドグラスも、良いなと思った。

 薄緑の葉を多くして、癒しと言うより感動系、静かな胸の内にやる気が湧いてくるような効果を狙った商品コンセプトを考えてはどうか。

kobusi38.jpg

 ぐんまフラワーパークの香りの道で、シデコブシの淡いピンクと純白の花が 満開になっていた。細長い花弁は滑らかというより、所々にしわのように折れ曲がり凹凸を伴った繊細さが見受けられる。この花のファンは多いようで、私もその一人。

kobusi39.jpg

  しわしわの魅力を、パチリ。

このしわしわに、新鮮さを感じる。そして、滑らかで艶のあるな花弁になり、やがてくすみが出てしぼんで行く。

kobusi40.jpg ときに、ハローグラスでは、花図案に始まるステンドグラス加工品の美のおもてなしで、癒しや感動サービスを提供し、楽しくて心健やかな生活を応援する感性ビジネスを考えている。

ハローグラス・トップページへ 

 

土佐ミズキのジグソーパズルの続き

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ぐんまフラワーパークやいせさき市民の森で撮った土佐ミズキの写真でジグソーパズルを作った。

遊んで頂けると、ありがたい。

 

 

土佐ミズキの花、1
              ピース数 30
土佐ミズキの花の見本のような写真を、パチリ。どうにか土佐ミズキらしい特徴もわかってきた・・・。
ぐんまフラワーパーク。
 
 
 
土佐ミズキの花、3
              ピース数 35
房になっている花を選んでアップで、光が透過する様子を、パチリ。
ぐんまフラワーパーク。
 
 
 
河津桜と土佐ミズキ、1
              ピース数 15
土佐みづきを手前に置いた蝋梅のようにも見える土佐みづきの花や枝から透かして見える河津桜の満開風景をパチリ。
いせさき市民の森。

ハローグラス・トップページへ

 

 ハローグラスの主な商品は、半田付けしないステンドグラス加工品として、創業ストーリーや『ステンドグラスの実る木』で紹介した通り、接着する主な商品として『未来のステッカー・接着ステンドグラス』があり、接着しない主な商品として『どこでも配置、ステンドグラスキット』を挙げていた。

 前者の接着ステンドグラスは、キャッチコピー・『未来のステッカー・接着ステンドグラス』で、ステッカーの持つ知名度の高い商品イメージを利用して、接着ステンドグラスのイメージを誰にもわかり易く伝えることができる、と考えた。

 それも、明確な差別化による未来のステッカーとしてのグレードアップ商品として、高い潜在成長力、大きなステッカー市場・・・、を目標に於いた。

 後者は、テーブルアレンジ用のステンドグラスキット。美しいステンドグラスのガラスピースをテーブル上に自由に配置し、さらに、花等を飾る空間演出のテーブルアレンジ用のステンドグラスキット。例えば福笑いやピエロのようなもので集客施設のテーブルアレンジ用等の用途が考えられる。

 ガラスピースを自由に配置したり、さらに変化させたりして、その面白さを楽しむもので、珍しい商品になる。

 以上のことを念頭に置いて、ハローグラスの商品イメージを数少ないサンプルを活用し出来るだけ見える化してみた。

 以下は、その例で、最初に半田付けしない・接着ステンドグラスを、お客様目線で、顧客メリットを簡単に紹介することにした。

●ポスター・図案・模様等の幾何学的な形状のデザインです。

kk0120.jpg

●同じものや色違いのものを作ることができます。少量生産の量産が可能です。

●幾何学形状のデザイン、特に滑らか曲線が特徴です。

kk0130.jpg

●花図案や地図などの著作権フリーの伝統的な図案や模様等。

● オリジナルデザインの花図案(写真から)

●スッキリ感・クリア感・キラキラ感

●心地良さ・わくわく感

●わぁ、きれい、と言ってもらえるような商品づくりを致します。

kk0140.jpg

●鮮やか・輝き・彩り

●癒しや感動

●生活に輝きを

●ステキ~、と感動するような商品づくりを致します。

kk0150.jpg●どこでも配置・ステンドグラスキット。 当初、ガラスのジグソーパズルなどを検討していたが、割れる危険を考えると、安全な商品とは言えず断念した。そこで考えたのが、利用者限定の商品にしたこと。

 例えば福笑いやピエロのようなもので集客施設のテーブルアレンジ用等の場合、アレンジ担当者の自己責任で利用する商品にすること。

 他にも、衝突防止マーク等、現場で接着する人の自己責任において利用することを考えた。

 詳細は、PL法に基づいた対策を立て利用方法を明確にしたい。、

これ等に従って、ガラスピースを自由に配置したり、さらに変化させたりして、その面白さを楽しむ珍しい商品にしたい。

 例えば、ここでは笑顔をテーマにしてみた。

●笑顔

●わくわくドキドキ

●楽しさ面白さ

kk0160.jpg ときに、ハローグラスでは、花図案に始まるステンドグラス加工品の美のおもてなしで、癒しや感動サービスを提供し、楽しくて心健やかな生活を応援する感性ビジネスを考えている。

ハローグラス・トップページへ

 

 

ハローグラス ホームぺージ

 

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
たそがれ広湧 似顔絵


癒しマークの商品プラン
癒しマークの商品プラン

 

オリジナル商品企画・PDF

 

加工ガラスのものづくり・PDF

 

月別 アーカイブ

ウェブページ

お遊びジグソーパズル
Powered by Movable Type 4.23-ja

< HP メニュー >

リ ン ク 集

 

最近のコメント

アイテム

  • kk0200.jpg
  • kk0190.jpg
  • kk0180.jpg
  • momo38.jpg
  • momo37.jpg
  • momo36.jpg
  • momo35.jpg
  • momo34.jpg
  • momo33.jpg
  • rengyou35.jpg

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。